2016年11月25日(金) 更新

【許容範囲?】アルバイト先でのピアス着用に関するマナー

身だしなみのマナーはアルバイト先によって違う

アルバイトに限らず、どこかの被雇用者として仕事をする時、身だしなみはその雇用者側のルールに従うようになります。私服であっても、素材や色に指定があればそれに従い、ユニフォームのあるところならば、その着方も指定されることになります。
またピアスなどのアクセサリーに関するマナーは、禁止や制約を設けられている場合が多く見られます。

ピアスが業務上邪魔になるケースは禁止になるのが通常マナー

アクセサリーの種類によっては、作業や仕事の邪魔になることも考えられ、薬品を使用する場所での金属製アクセサリーなど、アルバイトの種類によっては、それが危険に繋がる場合もあります。
また、調理場など、衛生面に気を遣わなければならないアルバイト先ならば、ピアスなど不要な装飾品は持ち込まないことが必須となります。

基本的にアルバイト先でアクセサリーは不可のイメージ

アクセサリーは装飾品です。身体を飾る=軽さ=遊び、という認識から、アルバイトの時には相応しくないという考え方もあり、結婚指輪以外のアクセサリーは一切認めない、というアルバイト先も多く存在します。もちろんピアスにおいても、どんなに小さなものでも認められないでしょう。

ピアスは特に悪い印象をもたれる

特にピアスには「親からもらった身体に穴を開ける」という、否定的な印象もあることから特に接客業では、禁止の多い理由のひとつと考えられます。
また「ピアスホールは不衛生」という認識を持つ人も多く(実際は消毒など衛生的に保つこともできますが)、そのために「衛生的な環境」から、ピアスを追放しているところもあるでしょう。

開けてしまったピアスはどうする?

そうとは知らずにピアス禁止のアルバイトに入ってしまった、または、ピアスが禁止になってしまった、その場合どうすればよいのでしょうか。ピアスを外すということがベストかも知れませんが、ピアスホールに傷がある場合や、ファーストピアスの時は外すことができません。せっかく開けたピアスホールを閉じたくない、という方も多いでしょう。

アルバイト先ではなるべくピアスを見せない、目に入れない

そこにピアスが見えているから、「ピアスをしている」と認識されます。既に開けて時間の経っているピアスホールならば、透明ピアスを利用したり、あるいは数時間程度ピアスを外していても問題はありません。(完全に開いているホールであれば、数日経過しても簡単には塞がらないようです)
外せないピアスの場合は、絆創膏を貼りましょう。カバーして保護してしまうというのは、安心感も生んでくれます。

ピアスがマナー違反かはアルバイト先によってケースバイケース

途中から規約が変わったというのであれば仕方のない事ですが、大抵の場合はアルバイトを始める前に、応募する前に確認することができることです。
ピアスが禁止されているところが多い業種もありますが、業種が変われば、ピアスに対する規約のない仕事もあります。
日常でのお洒落を楽しむために、あらかじめ確認を行なっておいて損はありません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム