2016年11月25日(金) 更新

【探せばある?】意外と多いピアスOKのアルバイトの選び方

アルバイト先における装飾品のマナー

仕事をする時に装飾品というアイテムはどのような位置にあるでしょうか。例えば、パソコンでデータを打ち込むというアルバイトの場合、長いつけ爪やスカルプチュアの多いネイルは、作業の妨げとなります。
しかし同じネイルでも、ネイルサロンやショップでのアルバイトでは、商品そのものを見せるための大事な看板となるのです。このようなケースはピアスなどの装飾品もOKとなる確率のほうが高いでしょう。

ピアスに限らず装飾品自体がNGというところとは

ピアスやネイルに限らず、装飾品そのものがNGという場合があります。そのひとつは、飲食店などで衛生上の理由からという場合です。
装飾品が食品内に落ちることを避ける為であったり(髪を束ねたり、帽子の着用が義務付けられるのも同様の理由です)、「余計な飾りがない」といったアルバイトの見た目の衛生にも気を遣っているというアピールにもなります。
このような職場では、濃い化粧もNGとなる可能性が高いです。

ピアスOKのアルバイト先は?

アクセサリーショップや洋服のショップなど、ピアスなどの装飾品を扱う店がアルバイト先の場合、当然アクセサリーOKのケースがほとんどでしょう。
アクセサリーを扱う店であっても、ピアスを開けるように指定されることはまずあり得ませんが、なんらかのアクセサリーを付ける可能性は高いと言えます。

ピアスというアクセサリーは意外と便利!?

アルバイトであっても仕事である以上、動きが伴います。その際に、ピアスというアクセサリーはとても便利なものです。
同じ耳につける装飾品でも、耳に挟むだけのイヤリングとは違い、ピアスホールを通してしっかりと留められているので、落としてしまう心配はありません。

アルバイト先がピアスOKでも気をつけるべき点

ピアスOKのアルバイトでも、「揺れないもの」「シンプルなもの」と指定されている場合もあります。
やはり見た目や落ちる心配からと思われますが、そのような指定のある場合には、チャームのついたピアスや、ドロップタイプのピアス・大きなものや目立つものはNGとなります。

ピアスOKでも、あくまで「仕事の場」であることを忘れない

職場での服装規定には、理由があります。接客があるものであれば、お客様へ不快感を与えないことも大切ですし、飲食物の調理などでは、何よりも衛生面を重視した服装が求められます。
ピアスOKと書かれていても、その詳細が書かれていなければアルバイト先に確認してみることも必要です。「ピアスをしている人は、みんなシンプルなもの。」と言った、明記がなくとも、暗黙の了解としてルールのあるところも存在しているようです。

ピアスOKのアルバイト希望ならアクセサリーを扱う仕事がオススメ!

仕事の場は自分を見せる場ではありません。自分一人の服装で、他のアルバイトにも迷惑を掛けてしまうこともあり得ます。
特に、開けたばかりのファーストピアスは、外すことができません。
ピアスOKのアルバイトをお探しなら、アクセサリーショップなど、アクセサリーに関係のある仕事がオススメです!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム