2017年01月16日(月) 更新

【安易な選択は危険!】Wワークのアルバイトで注意すべき点

Wワークとはどんな働き方?

2つ(あるいはそれ以上)の仕事をしていればWワークで働いていると言えます。
しかし、アルバイトの掛け持ちであったり、正社員として働く本業の他にアルバイトで収入を増やしたりと、その働き方は人によって様々です。

どんな仕事の組み合わせがあるのか

「早朝のアルバイトと、日中あるいは夜間のアルバイトを掛け持ち」
「平日は正社員として働き、週末にアルバイトで働く」
「基本のアルバイトの他、単発や短期でその都度違うアルバイトを行う」
など、一言でWワークと言っても、色々な形があります。

正社員の副業としてアルバイトでWワーク

正社員として働いていても、会社の給料だけでは生活に余裕が持てない、あるいは何か目的の為にアルバイトをしたい、そういった理由から、本業の他にアルバイトをするという方もいます。
中にはストレスなどを理由に、本業とは「別な場所」を求めて働くという人もいるようです。

Wワークとして続けられる仕事、アルバイト先の選び方

会社員であれば、本業の勤務形態はほぼ固定という場合が多いかと思います。そうであれば、副業としてのアルバイトも選びやすいと言えるでしょう。
時間が重ならないものを選ぶことは、もちろん重要です。本業の残業が多いとわかっていれば、夜間にアルバイトをすることは無謀と言えます。そういう方の場合、休日にできるアルバイトを選ぶか、本業の始まる前(早朝など)にできる仕事がお勧めです。

Wワークでアルバイトをする時の注意点は?

違う仕事を掛け持ちするという状態です。それぞれの時間についてはもちろん、影響する部分を考えることも必要です。
同じ職種のアルバイトを掛け持ちすると、作業内容での混乱は少ないかも知れませんが、2つとも肉体労働だった場合、その疲労は尋常ではないものとなるでしょう。そうなると、両立が困難にもなり得るのです。

Wワーク不可のアルバイト先も多くあるので事前に確認を!

Wワーク不可というアルバイト先も多く存在します。仕事への影響や集中力を問題としたり、あるいは会社のブランドや、それに伴う社会的な信頼を懸念するところもあります。
公務員やそれに準ずる職種の場合、副業自体が禁止されています。
アルバイトとして働いているつもりでも、実際は準公務員と同じ扱いという場合もあります。
Wワークをする前に、今の職場の規約を確認しましょう。

Wワークのアルバイトを決める前に自分の能力と照らし合わせよう

Wワークとしてのアルバイトは、自分の収入やスキルの幅を大きく広げてくれるものですが、「もともとの仕事」の、次の仕事を始めてからは「両方の仕事」のことを同時に考える必要が出てきます。
労働する「ひとりの人」として、周囲の人に迷惑をかけることのないように、それぞれの仕事を選ぶ必要もあるのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム