2017年01月16日(月) 更新

18歳未満の高校生に許されるアルバイトの勤務時間【22時以降】

22時以降アルバイトしてもバレなければ大丈夫?

アルバイト先が飲食店だと接客業ですから、22時以降の夜間が書き入れ時となるお店も多くあります。そういうところでアルバイトしていると、18歳未満であるにもかかわらず、22時以降も働くように言われたり、時給が上がることもあって「働きたい」と考えてしまう高校生もいるようです。

雇う側に刑罰が!18歳未満の深夜アルバイトは絶対ダメ!

例えアルバイトをしている本人が18歳未満で「大丈夫」「働きたい」と言っても、22時以降に働かせていることが明るみになると、雇った側が罰を受けることになります。労働基準法第61条によると、罰則は「6ヵ月以下の懲役、または30万円以下の罰金」となります。また、信用に関わる問題が起きてしまうことになりますので、絶対に「バレなければ大丈夫」というものではありません。

18歳の誕生日を迎えたら深夜にアルバイトしても大丈夫?

高校生であっても、18歳になったら22時以降の深夜勤務をしても良いのでしょうか。労働基準法において未成年(年少者)は「18歳未満」とされています。つまり、18歳は含まれませんから法律上は問題ないといえるでしょう。

高校は学業が本業

18歳になったら22時以降の深夜勤務も許されることとなりますが、高校生であるうちは「本業=学生」ということになります。アルバイト募集時に「高校生不可」というところがあるように、雇う側でもそこを配慮した募集をしていることも多いのです。また、アルバイト可の学校でも22時以降の深夜勤務は禁止しているところが多いでしょう。その場合は18歳であってもやってはいけません。

22時以降はダメ!朝早くだったらアルバイトしても良い?

年少者の深夜勤務が禁止されているのは子ども(18歳未満は子どもです)の、肉体・精神に負荷をかけてしまうという、成長に関する理由が主とされています。では朝であれば勤務は可能なのでしょうか?法律上では朝5時からであれば働いてもよいとなっています。

早朝アルバイトは大丈夫!しかし注意が必要!

早起きは三文の得、と言われるように22時以降の深夜はダメでも、早朝のアルバイトだったら大丈夫。そう考える方もいるのではないでしょうか。朝は5時から勤務することが可能です。しかし、18歳未満の方はほとんどの人が学生のはずです。アルバイトに打ち込みすぎて学業をおろそかにしないようにしましょう。

18歳未満は厳禁!22時以降のアルバイト

18歳未満をはじめとする未成年者は子どもとして守られています。本人の意思や意識とは関係なく、「子どもとして成長途中にある者」なのです。子どもが守られるべきことは、単に成長だけではなく、「あらゆるリスク」からも守られなければならないのです。時給の高い時間帯に働きたいという気持ちも分かるものですが、22時以降のアルバイトが禁止されている理由も、そもそも深夜の時間帯の時給が高いということも、(様々な意味での)リスクがあるから、と考えてみると納得できることなのです。18歳未満は22時以降のアルバイトをしないようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム