事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2018年04月25日(水) 更新

休憩時間に給料は出る?アルバイトが知りたい支給条件

アルバイトにおける休憩時間の定め

アルバイトは、6時間を越えると45分。8時間を超えると1時間といったように、休憩時間が労働基準法で定められています。これは違反すると罰則もありますし、何処の職場でも適用される基準なのです。もしコレが守られていないようなら、まずはしっかりと申し立てを行った方がいいでしょう。

アルバイト中の休憩時間は給料は発生する?

残念ながらアルバイトの休憩時間に給料は発生しません。そのため、休憩時間をとらないで済むように5時間半だけ働く、といったような人もいます。休憩時間中の給料が発生しないのなら無駄だ、という考え方ですね。また、休憩時間中も電話取りをしないといけなかったりといったものは休憩時間と見なされませんから、こういった状態が恒常化している場合は改善を促していきましょう。

「休息時間」ならアルバイトでも給料が発生する

休憩時間の他に、休息時間というものが規則や社内慣行で行われている事もあります。この休息時間2~3時間に15分程度の休息をするもので、仕事の効率化などのために行われるのですが、休憩時間ではないので給料は支払われるのです。

アルバイトの自分は「休憩時間」?「休息時間」?

自分の給料が正確に支払われているか知るためには、こういった違いをしっかりと押さえる事が大事です。特にタイムカードなどのように時間を管理する方法が取られていないアルバイト先ほど、自分で確かめる必要があります。休憩時間か休息時間かわからないようならば、しっかりと店長に聞いてはっきりさせましょう。

夜勤勤務の仮眠はアルバイトでも給料が出る?

夜間のアルバイトだと仮眠がある場合もあります。こういったものは社内規程によって勤務時間とするのか休憩時間とするのかは決まっていますから、疑問に思ったらしっかりと規則を確認しましょう。知らぬ内に労働時間を減らされないようにしっかりと注意しておきましょう。

移動時間は給料が出る?

ほとんどの場合、移動時間は労働時間にあたらないことが通例です。しかし、コレにも例外があり、資材などを運搬している場合、上司が付き添っている場合などには給料が発生する事もあります。しっかりと確認しておくと、思わぬ形で給料が増えるアルバイトもありますので、欠かさずに確かめておきたいところです。

アルバイトの休憩時間中は給料が出ない!「休息時間」の仕事を探そう!

アルバイトの休憩時間中には給料は出ませんが、休憩時間でなく「休息時間」であれば話は別です。どちらなのかをしっかりと確認して自分の給料をしっかりと管理する事が大事です。また夜勤における仮眠や移動時間も労働時間に含まれることがありますので、こういったものは規則集を当たるなどして確実に疑問を解決して気持ちよく働きましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム