事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2019年05月17日(金) 更新

アルバイト前に知るべき給与明細のチェック方法と注意点

まずはアルバイトでも給与明細がもらえるのかチェック!

アルバイトの給与明細は必ず発行が決まっているものでは有りません。簡易的な領収書だけで給与の支払が済んでしまうケースもあります。支払われる賃金から所得税夜叉姫保険料などの金額が一切引かれていなければ、アルバイトの給与明細を発行しなくてもよいのです。まずは給与明細が発行されるかどうかのチェックをしましょう。

給与明細が発行されない場合も給与額を計算!

アルバイトの給与明細が発行されない場合でも、時給と働いた日数が給料と合致しているかをしっかりとチェックしておきましょう。こういった計算をすると、給料が一ヶ月単位ではなく一日単位で10分未満の労働時間は切り捨てとなっている、といったような庫とも分かります。事前に説明されていたことと食い違っていれば、しっかりと正してもらうことが大事なのです。そのため、給与明細のチェックは必要なのです。

アルバイトにおける給与明細のハテナ

アルバイトにとって給与明細にはよくわからない項目が多いのですが、しっかりチェックの仕方を覚えておきたいものです。すぐ目につく「支給項目」とは基本給や各種手当のことで、これから控除項目が引かれたものが実際の手取りです。控除項目には社会保険料や所得税などの税金が引かれ、その内訳もしっかりと書いてあるはずなのでチェックしましょう。

手当や税金もしっかりとチェック!

もし、深夜手当をがついているのに給与明細には明示されていないなら、しっかりと自分で計算してちゃんと深夜手当分の給料をもらっているかチェックしましょう。また、控除項目も一括で記載されていて内訳が書いていないような場合にはごまかされている可能性もありますから、しっかりと内訳の開示をしてもらいましょう。

お店に任せない!アルバイトも自己管理をしよう

お店に働いている時間の管理を全て任せていると、不正があった際に気づけません。こういった事はストップウォッチなどでしっかりと計算しておかないと悔しい思いをする結果にもなります。スマートフォンのアプリにもいいものがありますから、手間をかけずに簡単に時間管理ができます。こういったマメな行為が不正の抑止力にもなり、正しい給与明細を発行できるのです。

サインしてしまったら文句は言いにくい

給与をもらう際には受け取りのサインをするものですが、一旦サインをして受け取ってしまうと金額が少し足りなかったりといった場合も不利になります。多少時間がかかっても、きっちりと計算やチェックはしたいもので、事前に給料を貰う前に自分で計算しておけば、不正にも直ぐに気づけます。しっかり励行して賢く働きましょう。

アルバイトをする前に知っておきたい給与明細のチェック方法 まとめ

アルバイトをする上で給与明細のチェックの仕方を知っておくのは大事です。給与明細をもらったら、しっかりと手当が加算されているか、どの程度差し引かれているのかを計算するのを習慣化しておきましょう。また、自分で労働時間の管理をしたりして不正を無くすとともに、サインすると文句を言いにくいので事前に給与額を計算しておきましょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム