2016年11月29日(火) 更新

派遣社員の副業禁止の理由と正しい副業のやり方

派遣社員の副業を禁止している企業の理由って

派遣社員の副業を禁止理由は、会社の不利益を防ぐため

派遣社員に対し、企業が就業規則に副業禁止を盛り込む理由とは、どのようなものなのでしょうか。派遣社員の副業を禁止する会社では、会社の不利益を防ぐために副業を禁じている場合がほとんどです。たとえば、派遣社員が副業として、ライバル企業の仕事をした際に、社内の重要な情報や技術が漏洩するということを防ぐためです。

仕事が疎かになったり、会社のイメージにそぐわない副業が会社のブランドに影響するとも考えている

このほか、副業の影響で会社の仕事が疎かになったり、会社のイメージにそぐわない水商売などの仕事を副業にされることを嫌って、副業を禁止している会社も珍しくありません。
就業規則に法的拘束力はありませんが、副業による影響で派遣先の会社に不利益をもたらした場合、最悪告訴されてしまいます。就業規則によって副業が禁止されている場合は、大人しく規則に従ったほうが良いでしょう。

就業規則で副業が禁止されていない場合の仕事の選び方

ただし、企業によっては副業を禁止していない企業も当然あります。就業規則で副業が禁止されていなければ、副業するのは個人の自由です。
しかし、派遣社員の副業は好ましくないと考える企業が多いので、副業はおおっぴらに行わないほうが良いでしょう。もし、派遣社員をしながら副業につきたいのなら、次のような仕事がおすすめです。

副業するうえで派遣社員に向いている仕事は・・・

昼間に派遣社員をしている方におすすめの副業として、コンビニのアルバイトが挙げられます。
コンビニは24時間営業しており、夕方から深夜まで働くことが可能です。

このほか、深夜の道路工事の警備員なども、夜間に働ける上に時給が高いのでおすすめできます。

ただ、どちらの仕事に付く場合も、翌日の仕事に差し支えがないように十分注意してください。ハードに夜間の仕事をこなすのは、休日前だけに限定すると良いでしょう。

副業をするときに気をつけたいこと

副業では本業の仕事に悪影響が出ないように

副業をこなす際、気を付けなければならないことがあります。派遣先に大きな迷惑をかけてしまわないように注意してください。特に体調面の管理です。派遣社員として平日8時間働いているのであれば、副業できる時間も自然と限られてしまいます。結果として無茶をしなければならないことも多いので、通常の業務に支障が出る働き方は避けましょう。

派遣先に迷惑をかけないために

生活費のためにダブルワークをこなしていると、つい過剰に働いて体調を崩してしまう場合があります。結果的に派遣先の仕事が疎かになったり、身体を壊して出勤できなくなると派遣先に多大な迷惑をかけることになってしまうので、副業はほどほどにしなければなりません。たとえ派遣先の就業規則に副業禁止が盛り込まれていなくても、会社に迷惑をかける副業は原則禁止なのだと覚えておきましょう。

禁止されていなくとも!派遣社員の副業は健康管理を

派遣社員は、派遣先の就業規則に従うべき存在です。しかし、派遣社員は同時にフリーエージェントのような存在でもあります。それだけに、派遣社員には自己管理能力が問われるものです。就業規則で副業禁止となっていない場合は、ダブルワークをして生活費を賄うべきですが、禁止されていないからといって体調管理を疎かにしないようにしてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム