2016年11月29日(火) 更新

派遣社員とアルバイトの掛け持ちしている際の確定申告の手続き

まずは派遣とアルバイトそれぞれの収入を確認しよう

確定申告をするのは、すべての所得に対してです。確定申告を行うにあたって派遣先、そしてアルバイト先からの収入を漏れなく確認しておきましょう。また、派遣とバイトの掛け持ちで得た収入以外にお忘れになっている収入はありませんか?

1年間は案外長いものです、存在自体を忘れている収入もあっておかしくないです。お小遣い稼ぎとして単発のアルバイトを掛け持ちしている人などは特に要注意ですよ。

意外と忘れがちとなる単発アルバイトでの収入

単発のアルバイトで得た収入は、確定申告を行う際にはすっかりと忘れてしまうなんとことが意外とあります。手元に給料明細書がないか、銀行の通帳に振り込み記載がないかなどしっかりと確認しておきましょう。

派遣とバイトの掛け持ちで得た収入を確定申告する際の手続きに関して

派遣社員とバイトの掛け持ちをしている際の、確定申告の手続きを紹介します。まずは確定申告とは何かを、そして確定申告での注意点をしっかりとおさえておきましょう。

1年間で得たすべての所得を計算し、申告・納税する手続き

確定申告は毎年1月1日から12月31日までに得たすべての所得を計算し、申告・納税の手続きを指します。

会社が行ってくれる年末調整とは違い自分で手続きを行うのです。その手続きの際に必要となる、どこからいくら収入があったのかなどは前述で紹介したように事前準備しておく必要があります。

収入の多い仕事だけが申告対象は間違い

メインの仕事、収入の多い仕事が申告対象だと勘違いしている方もいますが、どんな収入でも申告しなければなりません。派遣社員とアルバイトを掛け持ちしているなら、当然両方とも確定申告が必要です。

派遣社員でもアルバイトでも収入のすべてを申告する必要がある

確定申告は派遣社員でもアルバイトでも、収入を得たものに関してはすべて申告の必要があります。

お小遣い稼ぎとして短期アルバイトをする方もいますが、そのお小遣いも確定申告の対象です。収入漏れがあると後々、課税徴収されるケースもあります。漏れなくしっかりと申告しましょう。

手続きは期間内に管轄の税務署や区役所で行う

一般的に仕事が忙しい時期に、確定申告は行われます。そして派遣社員とアルバイトを掛け持ちしていれば、その忙しさは並大抵ではないかも知れません。しかし、確定申告を忘れてはいけません。

大抵の場合は管轄の税務署から、「申告場所と日時」が指定される場合が多いので、できるだけ、その期間内に確定申告の手続きをするように心掛けましょう。どうしても忙しくて税務署に行く時間がないといった方はネット上から確定申告をするのも可能ですよ。

年末調整を会社で行うさい、掛け持ちの場合はどちらか一箇所の会社に任せる

派遣社員、アルバイトで働かれている方の毎月の給与から社会保険料が引かれていませんか。条件を満たしていれば、アルバイトでも派遣社員でも、社会保険に加入しなければならないのです。

そして、その際過払いとなった保険料は、年末調整が行われ戻ってきますが、派遣社員とアルバイトを掛け持ちしている場合、社会保険に加入できるのは一箇所のみです。このような理由から努めている会社から年末調整の書類を渡されたら、努めているどこの会社で年末調整を行うかを決めましょう。

どこの会社でも年末調整をしたくないといった際には、上記で紹介したように確定申告をする必要があります。

生活のメインとなっている勤め先で年末調整を行うのがベスト

派遣社員やアルバイトといったどのような雇用での働き方をしても、2ヶ月以上フルタイムで働けば、大抵社会保険の加入対象となります。

派遣とバイトの掛け持ちならば、おそらく派遣社員で働かれて得た収入が生活のメインとなるでしょうから、派遣会社で年末調整の手続きを行うようにしましょう。

派遣とアルバイトの掛け持ちをしている際は管轄の役所で確定申告手続きを

派遣社員とアルバイトの掛け持ちしている際の、確定申告の手続きに関して紹介してきました。確定申告ではすべての所得が対象です。

申告をしっかりとしないと確定漏れになってしまい、後々になって課税徴収をされます。また勤め先の会社が年末調整を行ってくれる際には、勤め先のどちらか一箇所しか受けられません。会社で年末調整を行いたいという方は、年末調整の時期に合わせてどちらで行うか考えておきましょうね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム