2017年08月02日(水) 更新

派遣社員の平均勤続年数と契約期間

派遣社員の1社あたりの平均勤続年数とは?

派遣社員の一社あたりの平均勤続年数はどれくらいなのでしょうか。

数年前に放送されていた派遣のドラマでは「1社あたり3ヶ月」となっていましたが、実際はどうなっているのかを見ていきましょう。

1社あたりの平均勤続年数は「2年~3年」が一般的

派遣社員の1社あたりの契約期間は2年から3年と言われており、それ以上仕事することは殆どできません。3年以上の契約にする場合、会社は正社員として契約することが多く、その会社の一員として仕事をすることになります。

派遣社員として仕事をするのは大体この位であり、その後契約を切るか、採用するかは会社の判断となります。

派遣社員の平均勤続年数が、長くない理由とは?

派遣社員の平均勤続年数は、なぜ短いのでしょうか。派遣の方が給料が高い、残業がないことから最近は派遣社員が増えています。しかし、派遣社員は平均勤続年数が短く、その会社での将来が約束されていません。

果たして、なぜ派遣社員の平均勤続年数はあまり長くないのでしょうか。

派遣社員が長いと採用に支障をきたしてしまう

派遣社員も5年くらい仕事が出来るのではと思っていた方には、この2年から3年という数字は短いように感じるかもしれません。しかし、実際にはこの平均勤続年数でないと、新卒の採用等を増やすことができなくなるので、出来れば会社側は派遣社員を利用しないで仕事が成り立つようにしたいのです。

あまり長い間採用しても、社員の後退という部分で面倒になるので、派遣社員は「3年まで」を目途に契約を解除しているのです。これが1社における平均勤続年数があまり高くない理由です。

派遣社員の1社あたりの契約期間とは?

前述したように、派遣社員は2~3年の平均勤続年数ですが、会社によって、個人によっては短期契約になることも十分にあり得る話です。ここでは、なぜ契約期間がそれぞれで異なるのかを見ていきます。

契約期間は仕事のレベル・更新時期によって異なる

平均勤続年数は3年までと言われていますが、実際には1年未満でその会社から契約期間を縮められるケースがあります。派遣社員は契約期間がどれくらいなのかが決まっており、その更新期限に該当した所で解除されてしまうのです。

ある程度仕事が出来るのであれば延長されますが、問題があったり、仕事が出来ないと判断されれば1年未満で契約期間は終了してしまいます。

契約社員にこだわるべきかもう一度考えよう

正社員に比べれば自由で柔軟な働き方ができるのが契約社員の魅力です。しかし突然働けなくなる可能性があることを考えると、一概に自分の望むように働けるとは言い切れないでしょう。「契約終了後の仕事探しや期限前に契約終了してしまったら…」という不安を感じるなら、正社員での就職を考えてみてはいかがでしょうか。 「就職Shop」では就職が決まった人の内、7割以上が社会人経験ゼロ。正社員経験不問という会社も多いので、気になる方はぜひ一度話だけでも聞いてみてはいかがでしょうか。

就職Shopについて詳しく調べる

派遣社員の平均勤続年数は2~3年!契約期間は会社によって異なる

派遣社員の平均勤続年数と契約期間について見てきました。派遣社員は数年程度で仕事を変えることになると考えてほしいですし、平均勤続年数は3年までと考えていないと、精神的なダメージが大きくなります。

平均勤続年数にも満たないまま、契約を解除されるケースも多々あるので、会社側の動向にも派遣社員は影響を受けやすいと考えてください。契約期間が長くあるようなら、正社員になれる可能性も高くなりますが、そこはあなたの頑張り次第といえます。

あわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム