2017年07月11日(火) 更新

派遣社員の末路は!?将来プランの考え方

派遣社員はやっぱり切られる末路なの?

派遣社員は雇用が不安定

派遣社員のデメリットは、やはり正社員という立場でない点にあります。
会社は景気が良い時には生産性を上げる為に、作業において即戦力となる派遣社員を多く雇います。しかし、一度景気が悪くなると正社員は守られますが、派遣社員の数を減らす傾向にあります。雇用が不安定な点で、将来、派遣切りという末路になる可能性があります。

将来プランの考え方:派遣写真の末路が不安ならスキルアップを

派遣会社に依頼してくる企業には大手の企業が多くあります。
それだけの信頼関係が派遣会社にあるからですが、大手の企業程人員の変動が激しくなるものです。景気が悪くなる前に組織改編などを行い、部署の変革や人員削減を行う可能性が高くなります。
大手の企業に習い中小企業が動くので、次第に派遣社員としての仕事も減って行くようになり、仕事の紹介をして貰えなくなってしまうことも考えられます。
そういった、仕事がないという末路にならないためにも、派遣社員として働く間にスキルアップを心がけるべきです。大手企業で働けるとそれだけ多くのことが学べキャリアアップになるはす。将来を念頭に入れて勤めるのが大切なのです。

派遣社員は収入がアップしない?

派遣社員は時給制ですので、時給が高い仕事でない限りは収入アップには繋がりません。若いうちは貧乏にも耐えられますが、将来的に収入が上がらないことを考えると貯金を殖やすこともできません。独身の場合、定年まで派遣社員として働き、生計を立てることはかなり難しく、将来生活に苦しくなってしまう末路になる可能性もあります。

将来プランの考え方:早めに将来のライフプランを!

派遣社員で仕事を紹介されるにしても、やはり年齢は重視されます。
派遣先企業は、正社員の年齢に釣り合う年齢の人材を希望する企業が多いからです。派遣社員でも40代、50代になった時には余程スキルがないと仕事が少なくなると思って良いでしょう。若いうちに将来派遣としてどの様な仕事をしていくべきか、或いは正社員となるべきキャリアパスを構築していくことを考えておきましょう。
そうすることで、派遣社員でも着実に収入の高い仕事へとステップアップすることができます。また、お金がないという末路は避けたいので、貯金も忘れずに。

転職エージェントに相談してしっかりとしたキャリアプランを作ろう

大手企業に正社員で勤めていても5年、10年先がわからない現在、派遣社員は正社員以上に自分のキャリアプランについてしっかり考えなければいけません。そこでオススメしたいのが転職エージェントの利用。「就職Shop」は社会人未経験者や正社員未経験者の就職支援を強みにしているので、適切なアドバイスがもらえるでしょう。転職を考えていなくても、このまま派遣を続けてこの先大丈夫かといった相談でも構いません。派遣を選ぶ人の割合や、将来的にどんな働き方をしているかを教えてもらうことで、より自分のキャリアプランが描きやすくなりますよ。

就職shopについて詳しく調べる

派遣社員で将来正社員に引き抜かれることも

派遣社員として働いていて実力があり、周囲とのコミュニケーションもスムーズに取れる人材の場合、派遣先の企業に引き抜かれることも少なくありません。
派遣社員から正社員になり、その後順調にキャリアアップできた人もいるのです。将来正社員として働きたいのであれば、派遣社員の頃から一つ一つ全力で仕事に取り組むようにしましょう。

将来プランの考え方:派遣社員は出会いも豊富だからこそ…

派遣社員は仕事の異動も多いため出会いが多く、派遣先で将来の結婚相手を見つけることもあります。もちろん仕事に支障がないように付き合うことが大切ですが、将来的に契約期間終了でめでたく結婚する、というケースもあるのです。

派遣社員は将来に前向きに!「末路」とは言わせないようにしよう

今回は、派遣社員の末路と将来プランの考え方について見ていきました。派遣社員として働くからには将来の目的を持ち、メリット・デメリットをよく理解することです。
ただ、今は楽をしたいからと流れに任せて派遣社員を続けていたのでは、不幸な末路となってしまう可能性があります。将来の「目的」に向って進んでいくことで、「末路」とは言わせない状況作りをしていきましょう。
不幸な末路を避けるため、派遣社員の人は3年後、5年後の自分はどうなっていたいのか、「将来なりたい自分」をイメージして働くことを心がけるのがコツです。

関連コラム