2019年04月17日(水) 更新

派遣社員は負け組なのか?正社員と差別されることの多い昨今の風潮

なぜ「負け組」?派遣社員の給料と安定性について

まずは派遣社員の給料と、将来的な安定性について解説をしていきたいと思います。最初にこの点について理解を深めておきましょう。やはりどうしても、基本的には正社員に比べると平均給与は低くなっていますし、契約を更新されなければそこで終わりという怖さはあると言えます。安定性を求めるのであれば、派遣社員はお勧めできないでしょう。しかし、だからといって派遣社員だけが「負け組」なのでしょうか?

正社員と比べると平均給与も安定性も低いが

最近では正社員であってもかなり給料が低く、アルバイトよりも時給は低いなんていうところも多いです。さらに、正社員であってもいきなり首になる、会社自体が潰れるなどそういった事もないわけではなく、リスクが全くないわけではないのです。双方にリスクがあるのであれば、片方が「負け組」だなどというのはおかしいでしょう。収入や安定性の面で多少の差はあれど、派遣社員だから「負け組」で正社員だから大丈夫というわけでもないのです。

好きで派遣社員をやっている人もいる

中には、好きで派遣社員をやっているという方もいます。というのも、派遣社員には正社員にはないメリットというものも確かに存在しています。その点について解説をしていきたいと思います。

派遣社員は時間の融通がききやすい

派遣社員の場合には、やはり正社員よりも勤務時間などの面で融通がききやすいです。そこまで多くの給料はなくとも自分の時間を大切にしたいために、派遣社員として好んで働く人もいます。できた時間で夢を追う人もいれば、子育てをする人、介護をする人、それは様々です。何かしらの事情があり、派遣社員を選択する人もいるのです。

正社員になれる派遣社員は少なくない!

待遇であったり、社会的地位のようなところで見てみると、たしかに派遣社員というものは正社員よりも劣っていると言えるでしょう。しかし、決して仕事の上で「負け組」などではありません。きちんと仕事をしているという事実は変わりませんし、派遣社員ならではのメリットがあったりもしますから、「負け組」とは言えないのです。最後に、派遣社員として働き始めたという人達がその後どうなっていったのかという事に関しても、簡単にご説明をしていきたいと思います。正社員になった派遣社員も多くいるのです。

おおよそ半数近くが正社員に

派遣社員として働き始めたとしても、その後に半数近くが正社員になる事ができています。そのため、若いうちに時間を大切にして上手に働き、その後には安定して正社員になるという事も不可能ではないという事になります

正社員になれる見通しがない場合は?

派遣社員として頑張っているが、正社員登用の見通しが立たないと感じたら、転職を考えてみてはいかがでしょうか?

しかし、いきなり転職なんてリスクが高いですよね。そこでオススメなのが、「doda合格診断」です。あなたの経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれて、自分の実力を知ることができます。利用は無料ですので、腕試しがてら気軽に診断してみてください!

正社員より良い仕事を!派遣社員は「負け組」とは限らない

派遣社員は負け組などという風潮があるかもしれませんが、実際のところは一概に派遣社員だからといって負け組であるという事は言えないでしょう。何か目的や事情などがあり、自らの選択で派遣社員を選ぶ人もいます。給料の高さだけが人生の全てではありませんし、正社員だって完全に安定しているとは言い難い時代です。また多くがその後正社員になっているという事実も知っておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム