2016年11月29日(火) 更新

異動願いは叶う?会社で希望部署へ行ける可能性

希望部署に行きたければ人事に異動願いを提出

会社に入社したときに、最初から希望部署に配属になった人はラッキーですが、みんながみんなそういうわけではありません。大企業であればなおさらそうでしょう。しかし、働いていくうちに、人事異動の願いというものを出せるようになっていきます。その人事に関する異動の願い、果たして叶うのでしょうか?

異動願いのかたちには書面・口頭など様々

こういった人事異動の願いというのは、会社への願いの仕方は会社によってさまざまです。異動願いという書面という形式をとっている会社もあれば、口頭ベースのところもあります。

人事査定の時期に上長を経由し、人事に伝わるようにお願いをしたり、人事に直接伝えるなど、そのかたちもさまざまです。では、この異動願いが叶うかどうか見ていきましょう。

異動願いは叶うのか?その現状は…

今いる部署に満足していないという理由もあれば、どうしてもこの部署で働きたいという理由もあるでしょう。理由も体裁もさまざまな形で出される異動願いですが、実際叶うももなのでしょうか。人事にまつわるその実態をみていきましょう。

人事異動の希望は叶っていないという人が多数

実際、人事異動のタイミングでの声を集めてみると、希望していない職場に配属となったという人の方が多いといったデータがあります。願い通りに異動となった人は少ないのが実態です。

リサーチの結果などを見ても、今の異動が「希望に基づいている」と回答したのは、全体の中でわずか3割だったといいます。もともとの配属が希望に叶う部署で異動願いを出していない人を差し引けば、その割合はもっと低くなるといってよいでしょう。人事に関する希望は、それだけ叶う可能性が低いようです。なぜなのでしょうか?

異動願いが叶う見込みが少ないのはなぜ?

部署に関して、異動をずっと希望していても、叶う見込みがないと働く側も落ち込んでしまいます。それは、社員のモチベーションの低下にもつながります。それでも、なぜ、異動の希望がかなわないのでしょうか。人事願いを提出しても希望部署に行けないのはどんな理由からか、確認しましょう。

会社全体の利益を考えると、部署配置は簡単に変えられないから

実際、こういった人事異動というのは、会社全体を見て差配していきます。希望するところに人を配置していったら、全体のバランスが崩れてしまうというのが、一番の理由でしょう。人事というのは、自分自身だけでなく会社全体の最大限の利益追求のためにあります。そういった意味では、人事への希望はなかなか簡単には通らなくてもやむをえませんね。

ただし、実績を出せば人事異動の願いが叶う可能性も!

適材適所というと響きがよいものになりますが、会社全体の利益を考えて人材を配置しているのが、人事なのです。そのため、異動希望が叶うのは少数派、という現実になってしまうのはどうにもできない現実となってしまうのです。解決策はひとつだけ。「異動するに値する実績を出していること」です。会社にとって有益な人材だと判断されて初めて、異動願いも叶う可能性があるのです。

人事の異動願いが叶うのは難しい現状だが、実績次第では希望部署に行ける可能性も!

このように、人事異動の希望を叶えるのは、そう簡単ではないという現実が見えてきます。会社としても、人材が必要なところ(部署)に人を配置していくようになるからです。とはいっても、実績を積んだ人、業績を上げている人材が、異動が叶わず会社を辞めてしまうのは会社の損失です。今いる場所・部署で実績を上げ、異動願いを出し続けるのが、叶う道といえるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム