2017年06月29日(木) 更新

【大損害!?】派遣社員によるミスの責任はどうなるの?

派遣社員のミスの責任の範囲とは

派遣社員1人がミスを犯した場合は、派遣社員自身に加え、派遣会社にも関係があります。派遣社員も人間ですのでミスが絶対にないという事はないでしょうが、会社の中でとても大きなミスをしてしまった場合は、派遣社員と派遣社員の両方が責任をとらざるを得ないことになります。

派遣社員のミスだけではなく会社側もミスとして責任になる

仕事と言うのは1人の責任だけで成り立つものではありません。色々な人が一緒に仕事をしていますので、ミスが起きるという事は想定できた可能性があります。ミスがなぜ起きたのか、人数や配置は十分か、事前の指導はどうだったのか確認しなければなりません。働き方も含めて、会社側に責任はなかったのかという点も、責任を問う上で重要な要素となります。ミスが起こることが会社側にも予測できたはずであった場合、派遣社員自身と派遣会社だけでなく、勤め先の会社にも責任を負う必要性が出てきます。仕事に取り組む前に状態を見直してみることが大切です。

立場が低いために辞めるのは簡単である。

「ミスしたから辞める」といった人がたくさんいれば、会社は成り立ちません。辞める前に、派遣社員といえども、自分の意見をはっきり言うことが大切です。ミスに対する対応で、その人の資質を問われることがたくさんあります。ミスをしたといえど、誠実にしっかりとした対応をすれば、会社から認められることも多いはずです。

ミスを活かすにはどうしたらいい

ミスが起こった際に、すぐさま適切な対応をすることが大切です。派遣会社にすぐ連絡をする、状況を顧みて自分自身の責任はどうであったか、会社側の用意した職場環境は適切であったのかを丁寧に説明しなければなりません。ミスをしたという責任を自負し、謝罪を行うなど誠意を見せる、といったことが必要なのです。ミスに対する責任をしっかり感じ、行動に移すことで、会社側への印象を良いものにしておきましょう。

派遣社員として、社会の一員として

責任感があるという事をしっかり自覚している人というのは、魅力的に映ります。派遣社員であっても責任を取る、誠実な対応をして印象づけていきましょう。また身分が低いからこそはっきりと言えることもあります。

責任を取る姿勢があれば魅力的に見える

たとえ会社側にミスがあったとしても、派遣会社がある程度責任を負ってくれたとしても、ミスをしたのは自分自身ですから、すべての責任を負う覚悟で誠意を見せましょう。会社側も、反省している人に対して強く責任を追及することは少ないはずです。

派遣社員もミスは責任感を持って処理!自己成長を促そう

責任の低い派遣社員ですが、ミスをしっかりと自覚し、責任をとる姿勢を見せていきましょう。ミスはしっかりと責任を取って解決することで、自分自身の成長を促すことができます。また、一概に責任すべてを負おうとするのではなく、職場環境を振り返ってきちんと状況説明をすることが大切です。ミスをしないのが一番ですが、責任は派遣社員である自分自身、会社側、派遣会社のどこにあったのか。落ち着いて業務に取り組むようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム