2016年11月29日(火) 更新

異動・転勤の挨拶で好印象を残すお菓子の渡し方マナー

異動・転勤の挨拶は朝礼で行うと良い

異動や転勤が決まったタイミングがいつであれ、仕事も並行していると忙しいために、中々挨拶のタイミングがつかめないかもしれません。そのような時は、職場で自分の所属していた部署全体が集まるような、例えば朝礼のときにでも異動の報告と、お世話になったお礼の挨拶をさせてもらいましょう。

職場の人数が少ないなら1人ずつにお礼をしよう

職場の人数が少なければ、例え時間が取れなくても、1人1人に直接異動の報告とお礼をするのがベストです。
会社によっては、全員にお礼を言うには人数が多すぎるときがあるでしょう。そのような際は、職場の中でも特にお世話になった人に個人的に異動の報告とお礼をして、他の人は朝礼の場を借りてお礼をさせてもらうと良いでしょう。

異動・転勤の報告と一緒にお菓子を渡す時のマナーとは

転勤や異動が決まった時に、報告やお礼の意味を込めて職場の人にお菓子を渡す場合もあります。
お菓子は職場全体に渡すものであり、1人だけに渡すものではありません。全員が食べられるようなお菓子を選びましょう。
お菓子の選び方にもマナーはあります。マナーをわきまえて渡すようにしてください。

お菓子は洋菓子と和菓子を1箱ずつ用意する

転勤や異動の挨拶とお礼ともにお菓子を渡す時は、洋菓子と和菓子を1箱ずつ用意しておくと良いでしょう。
職場に40代以降の社員が多ければ和菓子のみ、それ以下の年代の社員が多ければ洋菓子のみを贈っても問題ありませんが、お菓子が足りなくなるリスクもあります。

できるだけ幅広い世代に対応できるように、お菓子は洋菓子と和菓子をそれぞれ1箱以上は持参しするのがベストです。多すぎて悪いということはないので、多めに用意しておくと安心ですね。
転勤または異動のため、職場の社員全員宛に、お礼と挨拶の意味を兼ねているお菓子ですから、全員が喜ぶようなものを考えましょう。

自分の転勤・異動の挨拶が前例になってしまう場合があるので注意

いくらお世話になった気持ちを伝えたいと思っても、転勤や異動の時にお菓子を渡す習慣がない職場ならば、お菓子を渡すことは控えましょう。
なぜなら、これまで渡す習慣がなかったのに自分がお菓子を渡してしまうと、それが次に異動する人の前例となってしまうのです。もともと贈る習慣がないのにお菓子を職場に贈ってしまい、結果的に迷惑になってしまうケースも少なからずあるのです。

職場の習慣にならってお礼をするのがベター

異動や転勤が多い職場では、お礼も挨拶も簡単に済ませてしまう会社も多いのです。
自分の職場の社員たちが、転勤や異動の時にどのようにお礼や挨拶をしているのかをよく見ておきましょう。
転勤または異動の挨拶やお礼は、その職場の慣習にならうのがベストです。わからなければ、長く勤めている方に聞いて確認しましょう。

異動・転勤で職場にお菓子を渡す時は慣習にならった対応をするのがマナー

異動・転勤の時に職場に渡すお菓子とお礼挨拶のマナーについてご紹介してきました。
異動は、いつあるか分かりません。いざ異動になった時にどんなお礼をしたらよいのか、誰でも迷うでしょう。職場にお世話になったお礼を伝えるのは大切ですが、場合によっては異動や転勤の挨拶は簡単に済ませる会社もたくさんあります。そのような会社でお菓子などを配ってしまうと、かえって他の人が異動する時に迷惑と思われてしまいます。

自分の職場では、どのような方法で挨拶をするのが慣習なのかをよく確認してからお礼をしましょう。そしてお菓子を配るのであれば、お礼の気持ちが伝わるように職場の全員に行き渡る個数を用意して、万人に受けが良いお菓子を選びましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム