2019年08月07日(水) 更新

派遣社員が無断欠勤した場合に解雇になる可能性

無断欠勤は派遣会社と利用している企業の信頼関係を揺るがす行為

派遣会社には勤務先との信頼関係がありますから、無断欠勤を行うような派遣社員は即解雇(契約終了)を行わなければ示しがつきません。解雇が覆ることもほとんどないでしょう。それだけ無断欠勤というのは信頼を損ねる行為なのです。

派遣社員の無断欠勤は契約終了に直結する

大体の企業が就業規則には、無断欠勤の際の処分について明記されていますが、はじめての無断欠勤や欠席日数が多くない場合、厳重注意で処分されるケースが多いようです。始末書を書いて提出する場合や、減給になるケースもありますが、状況によっては出勤停止や賃金支給停止などの重い処分になります。

派遣社員であれば、最初に貰えるハンドブックなどに無断欠勤するとどうなるか書いてあります。多くが解雇=契約終了となっているでしょう。

派遣社員が無断欠勤した場合の処罰

派遣社員が派遣先を無断欠勤した場合、どうなるのでしょうか?
無断欠勤は社会人として働いている以上絶対にしてはならない行為です。仕事を休むのであれば、派遣社員であれ会社にできるだけ早めに理由を説明し、業務に支障をきたさないようにしなければなりません。

しかし、仮に無断欠勤してしまった場合、派遣先からはどのような処罰が与えられるのでしょうか。

派遣会社から解雇を告げられるケースがほとんど

派遣社員が就業しているのは派遣会社から紹介された勤務先で、派遣社員の契約は派遣会社と勤務先の会社との契約になっています。ですから、派遣社員が無断欠勤した勤務先から解雇されるというよりは、派遣会社から解雇代わりに勤務終了を言い渡されることになります。
無断欠勤が1日だけでも派遣会社からは解雇として契約終了となるケースがほとんどです。

無断欠勤はマイナス面しかない

派遣社員で勤務している人のなかには、バイト感覚の人も少なからずいます。
契約期間内の労働で、勤務先から直接雇用されていないのが原因のようですが、勤務先は派遣会社から派遣される人を教育する必要のない、即戦力と見ています。会社内のコミュミケーションスキルや常識は、当然身につけているものとして契約しているので、無断欠勤への目は厳しいです。

無断欠勤すると次の仕事を貰いにくくなる

労働している以上、社会人としての最低限のマナーは守るようにしましょう。
無断欠勤するとほとんどの派遣会社が契約解除をしますし、他の派遣会社に派遣会社として登録しても、派遣先を紹介してもらえない可能性が高いです。

1日の無断欠勤で派遣社員は即解雇と心得よ!

無断欠勤というのは、社会人として許されない行為です。派遣社員がたった1日だけの軽い気持ちで無断欠勤をしたつもりでも、派遣会社側からすると大きな損害を派遣先に追わせた責任があります。
派遣社員は契約解除をしやすいので、無断欠勤は即解雇に繋がると認識しておきましょう。欠勤しなければいけなくなったら、事前に連絡して周囲に迷惑が掛からないようにしましょう。休む日の朝の連絡でも、無いよりは断然ましです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム