2017年01月16日(月) 更新

アルバイトでボーナスが支給される場合の平均額は重視すべき要素か

ボーナスの支給対象は会社ごとに異なる

賃金については、どのような雇用形態であっても支払わなければなりません。しかし、賃金以外の手当てについて、誰を対象とするかは会社ごとの定めに従うことになります。一般的には、ボーナスが支払われるのは正社員に限られていますが、非正規雇用のアルバイトに対してボーナスを支給する会社もあるのです。

就業規則の内容を確認する

ボーナスを支払う対象は、各会社の就業規則などで定められています。アルバイトで仕事をしている場合に、ボーナスを受け取ることができるかは、就業規則の内容を確認しなければ分かりません。ただし、アルバイトの立場で就業規則を細かく確認するのは難しいところがあるので、上司や給与計算の担当者に直接問い合わせをするのが確実です。

アルバイトがボーナスをもらえる場合の平均額は?

アルバイトに対してもボーナスを支給する企業というのは、業績が好調な企業である場合が多いです。ボーナスの平均金額については、業種が大きく関係してくるものです。ボーナスの平均が高い業種もあれば、あまり高くない平均額の業種もあるわけです。ボーナスというのは、あくまでも臨時に支払われる金銭だという認識を持つのが大切です。ボーナスが支払われるためには、会社の業績を上げなければなりません。

ボーナスの平均を重視するのは意味がない

アルバイトをするに当たって、時給の高さを重視している人は多いです。しかし、ボーナスの平均金額が高いかどうかを意識するのは、あまり意味のあることではありません。アルバイトをする会社を決める際は、ボーナスは度外視した方が、良いアルバイト先を見つけられるでしょう。ボーナスが支払われるかは業績によりますし、その平均がよいかどうかは些細な問題なのです。

ボーナスだけでなく、アルバイト先の金額・条件は事前に確かめよう

ボーナスは常に支給されるとは限らない点に注意する

正規雇用・非正規雇用を問わず、ボーナスを支給している会社もありますが、金額や条件については雇用形態ごとに違っているのが普通です。アルバイトなどの場合は、正規雇用の従業員と比べると、ボーナスの平均が低くなっています。ボーナスの金額を決める際は、明確な基準を設ける必要があるので、どのような基準で支給されるのかを確認しておくのが大切です。

ボーナスというのは、毎月の給与とは異なる性質を持っています。会社の業績が悪化している場合でも、給与を支払わないことは認められませんが、ボーナスを支給しないという判断は原則として有効です。また、正社員には支給しても、アルバイトには支給しない、というケースも考えられます。ボーナスが支給されるのを前提として行動するのは避けた方が望ましいです。

ボーナスの平均は参考程度に留めてアルバイト先を探そう

アルバイトで働いている場合でも、ボーナスを支給してもらえる会社があります。しかし、アルバイトのボーナスというのは、正社員のように高額になることは滅多にありません。あくまでも、臨時の小遣い程度なのです。他の会社の平均金額が気になったりしますが、あまり意識しないで働く方が、気持ちよくアルバイトに臨んでいけます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム