2016年12月13日(火) 更新

無断欠勤は損害賠償?派遣社員なら知るべき厄介な事実

派遣社員が会社から損害賠償請求を求められたとき

無断欠勤によって派遣会社や勤め先に損害があった際、損害賠償を請求されたというケースがたまにあります。こういった場合にはどういう対処をすれば良いのでしょうか?

派遣社員は労働局に相談!損害賠償の支払いには応じないように

企業や派遣会社によっては派遣社員に損害賠償を強く請求してくることがあるかもしれません。その時は独断で支払いに応じることのないよう、労働局などにしっかり相談してから対応しましょう。基本的には派遣社員は支払う必要がないものばかりです。

損害賠償に関して裁判に持ち込まれたら?

損害賠償の請求に関して、「裁判に持ち込む」とまで言い出す企業もあるかもしれません。たしかに、裁判において会社の損害とあなたの無断欠勤による因果関係が認められた場合、裁判所が損害賠償の支払いに応じるよう勧告する判決を下すことは可能性としてあります。派遣社員の契約時に、損害賠償に関する契約が交わされていたなどがあると、さらに厄介です。

派遣社員の責任証明は非常に困難

仮に、派遣社員による無断欠勤が、損害を引き起こした事実があったのだとしても、訴訟の場でその因果関係を証明することは非常に困難です。また、裁判には膨大なお金と時間がかかります。その費用をかけてまで、無断欠勤損害分の賠償を請求しようなどという企業は少ないでしょう。

派遣社員が「損害賠償を払わないなら給料を払わない」と言われた場合

無断欠勤ではなく、労働の事実があれば、賃金を請求する権利が派遣社員にはあります。もし、不当な賃金未払いの問題が発生したときは、労働局や弁護士などの專門家に相談して、正当な賃金を受け取れるようにしましょう。

労働局に相談しよう

「給料から損害賠償額を引いておいた」と言われた場合も同様です。これも上記の無断欠勤の場合と同じです。もし、いくら口頭で請求しても給料が支払われないようであれば、労働相談情報センターなどの労働局に相談しましょう。無断欠勤により事態が深刻化したら、弁護士などに相談する必要もあるかもしれません。

派遣社員に損害賠償はない!ただトラブル防止の為にも無断欠勤は厳禁

派遣会社に無断欠勤で損害賠償請求されるとはどういうことでしょうか。損害賠償請求をしたくなるほどの迷惑をかけたということです。損害賠償の支払い如何に関わらず、無断欠勤は絶対してはいけないことと反省することが必要です。過ちを犯したことを自覚し、しっかりと誠意を見せる対応していきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム