2017年06月27日(火) 更新

休職中も確定申告で税金還付!お金で損をしないための方法を知る!

基本的には休職中も確定申告をするもの

休職中でも確定申告は必要であり、申告をしていないのであれば問題となるケースがあります。休職している年は、他の税金の支払いがあるかもしれませんし、返ってくるものがあるかもしれません。それを考えると、確定申告をしないのは勿体ないことであり、場合によっては脱税と取られる可能性もあるのです。

休職中も会社が年末調整で助けてくれるなら良い

会社によっては年末調整をさせてくれることもあります。休職する年であればほぼ行ってくれますが、2年目以降だと行ってくれないこともあります。年末調整が受けられるようなら、速やかに必要な物を提出して、早々に税金の還付などを受けられるようにしましょう。しかしこの方法は殆ど取られないので、自分で行うことになります。

確定申告で税金を返してもらう

休職中は収入があまり無いにもかかわらず、前年度の収入に応じて税金の支払いが発生します。しかし一部の税金は返してもらうことが出来るので、確定申告を行って返してもらいましょう。返ってくるようなら多くのお金が手元に残り、生活に苦労することが無くなります。

特に税金還付で医療費は返してもらうこと

確定申告では税金還付で医療費を取り戻すこともできるので、控除するためにも絶対に行ってください。金額によってはかなりの金額が返ってきますので、休職中にも大きな収入を手に入れることができます。確定申告をしないと損をするのは、医療費部分で取られている物が多いためであり、出来る限り確定申告をしておきましょう。

どうしても確定申告が自分で出来ないなら

どうしても自分で申告をするのは難しいと思っているなら、他の方の年末調整に入れてもらう方法があります。働いている人がいるなら、その人の年末調整で一緒に行う方法もありますが、これは混乱を招く可能性もあるので、1度確認を取ってください。場合によってはこの方法はかなり有効なのですが、働いている人が1人でもいないと利用できないので苦しいこともあります。

確定申告を行わないと大きな損失に

どのような方法を利用したとしても、必ず確定申告を済ませておくことになります。やらない場合は還付されるものは返ってこなくなり、大きな損失を計上することになります。損をしたまま生活をするのも辛い状態ですから、なるべく返してもらえるように手続きをしてください。

休職中も確定申告で不要な税金を取り戻そう

確定申告は絶対にしなければならないことであり、返ってくる税金があるなら、どんどん返してもらう必要があります。それは休職中でも同じことであり、確定申告を行って医療費を返してもらったり、税金の還付を受けることができます。しないまま放置しているのは損をするだけですし、それでは得をすることは一切ありませんので、確定申告だけは絶対に行ってください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム