2016年11月25日(金) 更新

休職の経歴は?転職時に職歴書を書く上で知っておきたい心掛け

休職は経歴に書く必要はある?

休職していた仕事からの転職は色々な不安が生じますよね。まずは転職先に休職していたことを知らせる必要があるかということ。できるだけ隠しておきたい、と思うのが人間の心理ではないでしょうか。ずばり結論から言うと、転職先に休職を知らせる必要はありません。履歴書や職務履歴書に書く義務もなく、申告も必ず必要なものではありません。

経歴に休職歴を書く必要はない

経歴に書く義務はなく、申告も不必要。しかし黙って転職するのは得策ではありません。特に本人の疾患による場合、後々の体調に不具合が出る可能性もあります。その時になって休職の経歴がばれてしまうと、転職先も「話が違う」と困惑してしまいます。職先での円滑な仕事や人間関係も難しくなるでしょう。必要はなくても転職時に休職の経歴を伝えておくことがよりよいとは言えます。

休職の理由について

休職した理由は正直に述べるのが基本です。事故による怪我や持病も、今後を考えて伝えたほうが得策です。なお、家族の介護や留学なら特にマイナスになることはありません。休職中に転職後も活かせる勉強をしていたなら、むしろ好感を持たれることでしょう。

精神疾患で休職したケースでは

ただしうつ病などの精神疾患の場合、休職していた経歴を正直に言う必要はないとされています。なぜなら転職に大きく不利に働いてしまうため。うつ病歴のある人が転職を決意したということは、相当病状が改善された結果でしょうが、やはりうつでの休職経歴というのはあまりいい顔をされません。

休職歴を隠したまま転職すると?

申告の必要がないなら、休職歴を隠したままでも良いのではないかと思いますよね。しかし、隠していることの後ろめたさも感じることとなるでしょう。上記のように、休職にはさまざまな理由があります。その理由に後ろめたいものがなければしっかり伝えておくべきですし、傷病での休職にしても転職を決意したということは体調が改善されたということでしょう。転職を明るいものにするためにも、経歴は明確にして、自信をもって自分を見せるようにしましょう。

休職の経歴が発覚する恐れは?

もし休職の経歴を隠したまま転職した場合、どのようなケースでばれてしまうのか知っておきましょう。それは転職先に過去の源泉徴収表を求められた時です。その内容で休職の経歴が発覚する恐れがあります。後々苦しい言い訳をするぐらいなら、休職の経歴を明らかにしておくほうが得策です。

転職では休職の経歴よりも今の自分に自信をもつことが大切!

休職した経歴があると、どうしても「自分なんか…」と卑屈になりがちです。しかしそれを乗り越えてこそ、自分にプラスとなる転職に繋がります。また、目先の利益だけを追いかけるのはNG。転職をゴールとせず、転職後の自分のことも考えておきましょう。今後の仕事を円滑に進めるためにも、自分に自信をもって転職活動をしてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム