事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2018年10月19日(金) 更新

休職期間は最長どれくらい?会社を休める限度

休職期間の最長は一年から二年

休職期間の最長は一年から二年とされています。もちろんそれは書類上の話で実際にそのくらい休んでから、復職後に同じように仕事が出来るかと言われれば答えはノーであると言えるでしょう。しかし、実際に書類上では会社によりけりですが、一年から二年という期間、休職することが可能です。

特に中小企業では厳しい

特に、中小企業ではそのくらいの期間、休職することは実質不可能と言えるでしょう。一年から二年も休もうものなら、復職することは実際にはまず厳しいと思っていた方がいいです。自動車メーカーの大企業などであれば別ですが、経済面で余裕が大きくあるとはいえないなかで一年から二年も休職するというのは、中小企業ではむずかしいことと言えるでしょう。

中小企業での休職は最長でも半年休めればいい方

中小企業では半年も休めればいい方だと考えた方が良いです。半年休むだけでも、人員が限られている中小企業では死活問題だと言えます。休職というのは会社毎と労働者の話し合いによって決まるものなので、企業によって大きく差はありますが、まず間違いなく中小企業で最長一年以上休めるというようなことはないでしょう。

休職は労働者の都合による休みということを理解しよう

中小企業に勤めているのであれば、最長でも半年くらいが限界であるということを頭にいれておいて、休職を考えた方が良いでしょう。基本的に休職というのは労働者の都合による休みであり、休職があるかどうかも会社によりけりです。休職する前にそのことを理解しておかなくてはいけません。

休職に関して理解のある企業を選択するのも一つの手

あらかじめ、長期間の休職をすることが分かっている場合は、休職に関して理解のある企業を選択しておくとよいです。もし、今勤めている企業がそうでないのであれば、転職を考えてみてもいいかもしれません。

「リクルートエージェント」であれば、業界No.1の転職成功実績を活かして、休職に関して理解のある企業を紹介してくれます。あなたが働きやすい環境に移るために、トータルで転職活動をサポートしてくれますので、ぜひ利用してみてください!

休職期間を過ぎたらどうなるのか

ではその最長の休職期間を過ぎても、休職に至った要因が解消されておらずに、復職できない状態であった場合には解雇となります。休職中は給料が支払われないといっても、会社は社旗保険料の立て替えなどを行わなければいけないなど負担も大きいので、会社側としてもいつまでも待っているわけにはいきません。この最長期間は過ぎないように、休職中は治療に専念しましょう。

トータルで最長期間を過ぎないように

本来この休職期間は、一度復職したらまたカウントが0に戻るものとされているのですが、実際問題ではこのカウントが0になることはないのです。したがって、トータルでの最長一年から二年、中小企業では半年程度を過ぎてしまうと、そのまま解雇になってしまうのです。このトータルの最長期間を意識して休職するようにしましょう。

休職期間の最長は半年~1,2年!会社としっかり話し合いを!

多くの会社で最長の休職期限はしっかり設けられていて、ほとんどの場合が、大企業で一年から二年、中小企業で半年程度なので、この期間を過ぎないようにしっかり休職期間を意識して休職するようにしましょう。もちろん一番は休職をしないように働くことが一番です。休職は法によって規定されているものでもないので、会社の業績によってはこのような最長の休職期間なんて関係なく、解雇を視野に入れられるというところもあります。

解雇されるリスクを考えると、休職に関して理解のある企業に転職する方がいい場合がありますので、転職エージェントの利用も考えてみてください!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム