2016年11月25日(金) 更新

【即日休職は可能?】会社に行くのがつらいとき知っておきたい休みについて

即日休職そのものは可能

休職したいと思っている方が即日休職し、次の日から会社に来ないということは可能です。もちろん、医師の診断書などを後日提出しなければなりませんし、記載しなければならない書類もあるでしょうから、そういった手続きのために今後会社に行くことにはなりますが、基本的に即日休職は認められています。法律違反というわけでもないので安心しましょう。

会社には後日医師の診断書が必要

当然の話ですが、心の病などで休職する際には医師の診断書が必要となります。基本的に、それほど急ぎで休職する理由がないのだとしたら、法的に認められているとはいえ、そのような行為を控えるべきです。また、医師の診断書の内容がそれほど深刻でない場合も、同様に即日である必要はありません。といっても、自分の心の状態との兼ね合いもありますから、どうしても無理だという場合には、即日でも構わないでしょう。

即日休職が可能だとしても会社の都合を考えよう

即日休職は可能なのですが、やはりそのような方法は遠慮すべきです。もしもあなたにしかできない仕事が会社であった場合や、あなたしか知らない情報があった場合、上司や同僚は大きな迷惑を被ることになります。特別な理由がない限り、最低限の引継ぎなどを行ってから、休職するようにしましょう。

会社から電話がくる可能性も

引継ぎをしないで休職すると、休職期間に電話などが来る可能性があります。もちろん仕事のことを確認する電話が多いでしょう。心の病気などによって休職したという人は、それだけでストレスを感じてしまうもので、会社に迷惑をかけているという罪悪感も感じてしまいます。そのようなことを防ぐためにも、即日休職は可能といえど避けておいたほうがいいです。

明らかな体調不良であった場合は会社に出勤の強制力はない

もしも明らかな体調不良があり、診断書も出ている状況で、即日休職を申し出ているのにも関わらず、会社からの許可がおりないという場合、その行為は明らかな違法行為となります。労働基準法に定められた労働者の権利ですので、そのような場合は、労働組合か労働局に相談しましょう。

会社から出勤をお願いされる可能性はある

強制力はありませんが、「せめてあと一週間は出てくれないか」などとお願いされることはあると思います。その際には自分の状態をしっかり考慮して選択をすることが大切です。ときにははっきり断ることも必要でしょう。病気を悪化させてしまうことになれば本末転倒です。しかし、会社に迷惑がかかるという事実は変わりません。そうならないためにも、即日に休職を願い出る前にある程度の準備をしておきましょう。

じっくり考えて判断を!即日休職は可能だが会社の都合も考えよう

即日で休職することは可能なのかということを紹介してきましたが、基本的にはあなたの判断次第ということになります。会社の都合もあるので、即日休職を決めた心が揺らいでしまうかもしれませんが、大丈夫そうなら二日ほど我慢し、無理そうなら即日休職するという考え方で良いです。自分の心をしっかりと見て判断するようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム