2016年11月25日(金) 更新

休職中で収入ピンチ!副業をする時に注意する事と出来る内容

休職中の副業は会社によってはダメ!

企業に所属しているとさまざまなルールや規則があります。特に休職中というのは収入はなくとも、働いていないのに保険料や手当てなどが発生していたりする為に、副業などで収入を得ようとする時には慎重になる必要があります。休職中は立場が特に弱くなっている立場なのです。その為に独断で何も考えずに副業で収入を得てしまい、会社にバレてしまう事で思わぬ事態になってしまう事があります。

休職中に副業で収入を得る前に許可や届出制などの確認をする

その為に会社での立場についてしっかりと確認を行い、副業を一切やってはいけない企業か、許可している企業か、届出によって出来るかなどを確認しておく事が重要です。黙っていれば分からないだろうと感じてしまいますが、住民税などから副業で収入を得ているかが分かってしまうので、慎重に行う必要があります。分からない場合には、事情を説明した上で出来るような副業内容を話して了承を得る事も重要な事ですし、確実にトラブルなく行えます。

休職中のアルバイトによる副業で収入を得るのは

本業には復職出来ないものの、実際に外に出て働ける状況にあるという人もいると思います。時給制で働けるので、安定した収入を得る事が出来る為に、便利な副業です。しかし、これも会社に確認を取ってからでないとトラブルに発展することもあるので注意しましょう。

休業中のアルバイトは働く日数などに注意する

いくら本業から許可を得ていた場合でも、アルバイトによる副業は休業中の場合には決められた日数までに留めておかないと、給付金支給にも影響を与えてしまうので確認が必要です。その他にも収入が一定以上になる事によって給付金や手当てにも影響が出てしまうので、法律などを確認の上で上限なども見てから働く事が求められるのです。

外を出歩けない人が休業中に副業で収入を得るには

外に出られないというのは、アルバイトなど副業も限られてくるので、なかなか収入を得るのは難しいと考えがちです。しかし、現代では自宅にいる人でも簡単に収入を得られる副業が多くあるので、そちらの方で探してみると良いです。

インターネットを使った休職中の副業

インターネットによる副業ではアフィリエイトであったり、商品を海外やお店などから買って違う場所で売るというビジネスをする事が出来ます。これらは自宅で作業が出来たりする事が出来る為に、外に一歩も出られない体の状態の人であっても、気軽に出来るのが特徴です。しかしこの場合も収入面などに気を付けて、規則や法律などと照らし合わせて稼いでいくというのが重要な事になります。

収入に注意!休職中の副業は会社の規則と法律を守って行う

休職中に収入が少なくなってしまう事は現在の生活や将来への不安となってしまいます。そこで副業をする事で収入を得る事が出来るようになりますが、それには会社の規則や法律などを確認して間違いのない選択をする必要があります。そして許可がされたら、自分に合った副業をするとともに、健康状態を良く出来るような環境にして、一日も早く復職することが大切なことになります。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム