2017年09月20日(水) 更新

【もう耐えられない!】ストレス過多の仕事に限界を感じたときの対応

ストレスの原因となる仕事から離れる

ストレスの多い仕事内容や職場の人間関係に悩み、もう耐えられないと思っている人は、部署を変えてもらうように上司に申し出てみてはいかがでしょう。もしも身体面などに症状が現れているのであれば、その診断書を持って上司にお願いすれば、ほとんどの場合、部署を変えてもらえるはずです。

ストレスの根本と向き合うことが大切

部署の移動に成功しても、新しく配属された先で同じようなストレスを抱えてしまうことがあります。そのような失敗を避けるため、言いづらい部分があったとしても上司にどんなことが仕事をする上でストレスになり、この部分が耐えられない、という自分の考えをきちんと伝えましょう。

仕事をしばらく休む

もし、仕事のストレスによって心のバランスを崩してしまった際には、思い切って休職を願い出ましょう。耐えられないほどのストレスの中で毎日仕事をしていれば、いつもの間にか心を病んでしまっている可能性もあります。そのような場合、ストレスの原因と距離を置いてまずは治療をすることが大切。自分で判断しかねる人は一度病院で診察してもらいましょう。

ストレスを放置していると悪化する

心の病気を軽く見ている人も多いかもしれませんが、治療をしなければ治ることはほとんどありませんし、放置していれば悪化するだけ。特に仕事のストレスの場合、「もう耐えられない」と感じても「甘えではないか」と無理をして仕事を続けてしまいさらにストレスを感じどんどん悪化してしまうケースが多いそうです。少し受診を受けることに勇気がいるかもしれませんが、風邪で病院に行くことと同じように、気軽に病院を尋ねてみてください。病気になったら治療を受ける、これは当たり前のことなのです。

今の仕事を退職する

ストレスに耐えられない場合の最後の手段として、退職を決断するという方法があります。仕事には向き不向きというものが必ず存在します。もしも今の職場でストレスを耐えられないほど感じているのであれば、その職場はあなたに不向きの職場であるといえるかもしれません。時には、思い切った決断も必要なのです。

耐えられない程のストレスからの解放

耐えられない程のストレスが原因で退職を決断し、転職した結果、それが成功だったと思う人は多くいます。もちろん、簡単に決断できることではないので、しっかりと考えて答えを出すべきですが、そのような決断も視野にいれたうえで考えるということが重要なのです。

耐えられない程の仕事のストレスを感じたら、時には逃げることも大切

仕事上のストレスに耐えられないという場合は、思い切ってその仕事から逃げるという決断もときには重要です。無理をすると、心のバランスを崩し、入院生活を送らなければならなくなる可能性もあります。そうなれば結果的に仕事もできなくなりますし、金銭的にも圧迫されるでしょう。そうなる前に、少しだけ勇気をだし、思い切った手を打っていくことが大事なのです。

転職を成功させたい人必見!

コチラも読みたい

関連タグ

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム