2017年01月16日(月) 更新

休日出勤者にねぎらいメールを送る時のポイント

休日出勤の相手にねぎらいメールを送っても迷惑にならない?

休日出勤をしている相手にねぎらいのメールを送ると、仕事の邪魔をしてしまうのではないかと心配になってしまいます。
ですが、そんなことはありません。
休日出勤とは嫌なものです。そんなときにねぎらいのメールをもらえば、それを受け取った相手は、自分の苦労をわかってくれる人がいるという気持ちになり、頑張ろうと思うものなのです。遠慮なく送りましょう。

休日出勤の日は送るタイミングに気を付けよう

元気にさせるためのねぎらいメールですから、送るのは相手が昼食を取っている時間がベストでしょう。
夕方以降に送っても、仕事がほとんど終わっている時間ですので、それを励みに仕事を行うことができなくなります。
朝に送るのならば、目覚まし代わりにもなる出社時間前に送るようにすると、もしかしたら寝坊するのを防げるかもしれません。
ですが、基本的に、休日出勤で落ち込んでいるときにねぎらいメールが来れば、どの時間に受け取っても嬉しいものですので、それほど気にする必要もないでしょう。

どのような内容の休日出勤のねぎらいメールにするべきか

休日出勤をしている人にどのような内容のねぎらいメールを送ればいいか、迷ってしまうかもしれません。
しかし、そこまで深く考えずにシンプルなメールを送りましょう。
「休日出勤、お疲れ様」というねぎらいの内容と、「疲れてると思うけど…」というような相手に共感する内容、「頑張って」という励ましの内容を入れておくだけで良いです。
それだけで相手は嬉しくなるものなのです。

返信をさせないような休日出勤ねぎらいメールの内容に

また、相手は仕事中であるため、返信はしなくてもいい、という旨をメールの文面に記載しておくのも良いでしょう。そうすることで、あなたの気遣いが相手に伝わり、本当にねぎらってくれているのだな、とは思うはずです。シンプルな内容の中にも、気遣うということが、休日出勤をしている相手にねぎらいのメールを送る上では大切なことです。

ねぎらいメールの注意点

あまり深く考える必要はないのですが、その中にも注意点は存在します。ねぎらいのメールを送っているのに、相手を不快にさせてしまっては意味がないので、この点もしっかりと覚えておきましょう。

メールで休日出勤だということを意識させない

具体的には、あなたが休日を楽しんでいることなどを伝えないということです。それを伝えることで、今日が本当は休日だということを意識し、やる気を失ってしまいます。注意しましょう。

相手が弱音ばかりでも気遣いを!休日出勤にねぎらいメールは嬉しいもの

休日出勤をしている相手にねぎらいのメールを送る際の注意点を紹介してきましたが、大事なのは思い遣りを持つということです。
相手の立場に立って物事を考え、仕事をしているその相手が不快にならない文面を考えましょう。といっても、今回紹介したことを守るのはそれほど難しいことではありません。
誰もがすぐに実践できることなので、それほど構える必要もないでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム