2016年11月29日(火) 更新

同業種に転職する際の志望動機と転職理由の書き方

志望動機で即戦力である事をしっかりアピールすべし

転職活動において志望動機は重要です。では、同業種で転職をする際はどのような志望動機の書き方をすればいいのでしょうか。
同業種だからといって、志望動機が説明不足になってしまうと転職を成功に導けないようです。

同業種の転職では短期間で戦力として貢献できると具体的に示す

同業種への転職だからといって、職務経験から大体の内容を理解してくれると思わず、志望動機はわかりやすく具体的な書き方をしましょう。志望動機が曖昧だと、なぜ同業種で転職したいのかを企業側に疑問を持たせてしまいます。

同業種への転職では、「頑張ります」、「努力します」といった曖昧な志望動機ではなく、求められている経験やスキルを確認したうえで、前職の経験を活かせるので短期間で戦力として貢献できると具体的に示しましょう。

同業種であっても以前の志望動機から変えるべき

同業種の企業であっても、志望動機は以前とは変えた書き方をしたほうがいいでしょう。例え、同業種でも企業ごとに理念や企業の仕事への考え方や方向性にはもちろん違いがあります。その点を考慮して志望動機や転職理由の書き方を変えていきましょう。

「なぜこの会社や業界を選んだのか?」という転職理由を、企業は非常に重要視していますので、同業種の志望動機であってもしっかりと考え、伝わる書き方をしたほうがいいでしょう。

同業種の転職でも志望動機を使い回さない

同業種で転職をしようとしているなら、これまでのスキルや経験をメインとした志望動機にして、企業ならではの内容を省く方もいるでしょう。

たしかに即戦力として魅力はありますが、企業としては本気でその会社で働きたいという熱意が伝わる志望動機の書き方をされていたほうが評価が高いのは当然です。

同業種を受ける際の志望動機と転職理由の書き方ポイント

これまで3年間、校閲担当を任されていましたが、残業時間がかなり増えたにもかかわらず給料が一気に下がってしまいました。貴社の業績や風通しの良さに魅力を感じ、応募しました。貴社は社員を育てる仕組みが充実しているので、それを活かしてさらに貢献したいと考えています。

では、同業種において志望動機と転職理由の書き方で大事な所はどこなのかを見ていきましょう。
なぜ現在の会社を辞めて、同業種の会社を希望するのかという転職理由と、その会社に入って何がしたいのかという志望動機が非常に大事なポイントになってきます。
その点を満たした同業種の志望動機と転職理由の書き方例をいくつかご紹介します。

同業種の転職理由と志望動機の悪い書き方:前職を非難している

同業種の志望動機と転職理由の良い書き方:会社での成長意欲をアピール

現職では、3年間にわたって専門誌の執筆業務に携わってきましたが、業績悪化にともなう事業見直しで執筆業務はすべて外注化され、外注管理が主な業務になりました。
私の執筆技術はまだ発展途上にあり、もっと高度な技術を身につけたいと思っています。今回の貴社の求人は私のこれまでの経験を十分に発揮できる内容であり、即戦力として活躍したいと思い、応募させていただきました。

同業種の志望動機は即戦力のアピールを!転職理由はポジティブに

転職で同業種を受けるときでも、志望動機や転職理由は、丁寧で具体的な書き方をしなければいけません。
この書き方を守らないと、同業種の転職ならではの、即戦力というアピールが発揮されないからです。
面倒と思わず丁寧で具体的な志望動機・転職理由の書き方をして、転職を成功に導きましょう!

関連コラム

事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68