2016年12月09日(金) 更新

入社オリエンテーションの意味と内容を把握しよう!今後に役立ついい機会!

入社オリエンテーションの内容とは?

入社オリエンテーションの内容としては、新人研修とは内容が異なり、会社の歴史や仕組みについての理解を促す内容が大部分となります。そのため、入社した初日に入社オリエンテーションがある会社が多いでしょう。しっかりと意味を理解して参加するのが望ましいのです。

入社オリエンテーションは「結束力を高める」意味もある

基本的期はただ話を聞くだけなので、難しいことはありません。入社オリエンテーションに半日を使う会社もあれば、泊りがけで行われる会社もあります。そういった入社オリエンテーションには「結束力を高める」意味もあるので、こちらもしっかりと理解しておくのが大事です。

入社オリエンテーションの内容は今後に役立てる!

まずは、会社の歴史や概要などを分かりやすく説明があるでしょう。さらには、会社の規定についての話もあります。人事制度などの説明も難しいかもしれませんが、しっかりと聞いておくべきです。人事関係のトラブルや今後の自分の働き方を考える際など、後々役に立つ話が思っている以上に多いのです。

部内オリエンテーションがある場合も

入社オリエンテーションを終えると、こういった部内オリエンテーションを行う会社もあります。基本的には「顔合わせ」的な意味合いが強いようです。入社オリエンテーションと合わせ、ここまででほぼ1日の業務は終了となるでしょう。

入社オリエンテーションを意味のあるものに!

入社オリエンテーションは、入社が同じ同期を集めて一緒に行われます。ですから、同期と顔を合わせて仲良くなるチャンスと言えるのです。積極的に同期に話しかけて、仲良くなっておくことに意味があります。配属部署が異なっても、同期は心の支えとなってくれる大切な仲間となるからです。入社オリエンテーションは自ら意味を見つけに行きましょう。

入社オリエンテーションの内容を理解するべき!

会社によっては、入社オリエンテーションの後に懇親会を開く場合があります。懇親会では上司や先輩社員との顔合わせをする機会もあります。そのため、入社オリエンテーションの内容はしっかりと頭に入れておくようにしましょう。先輩社員に「どうだった?」と聞かれても、好印象を与えられるような解答を用意するため、ですね。

入社オリエンテーションは内容を理解して意味あるものにしよう!

入社オリエンテーションの内容には、明確な意味と自ら作る意味があります。会社側としては、しっかりと会社のことについて知ってもらいたいという意味と、社会人としての自覚を新入社員たちに望んでいます。
また、新入社員としてもしっかりと参加することへの意味を見出しておくようにしましょう。せっかくの貴重な体験でもあるので、意味のないモノにしないことです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム