2016年11月25日(金) 更新

【在籍期間に含める?】休職経験者が履歴書に記載する際に押さえるべきポイント

休職期間が第一印象に影響する可能性がある

休職期間があることを履歴書に記載してしまうと、書類選考で落とされる可能性があります。休職期間は基本的に在籍期間に含めるので、わざわざ分けて記載しないことが大切です。休職期間について記載しなくても法的には問題ありません。

在籍期間にある休職経験を隠すと信頼度が落ちる

休職期間があるというのは、会社に迷惑をかけていたというこ、その理由によっては敬遠される場合があります。
それを懸念して、在籍期間の休職経験を隠して入社してしまうと、源泉徴収票の内容によってバレてしまい、信頼を損ねる場合があるので面接で正直に伝えたほうが良いでしょう。

休職を在籍期間に含める意味

休職期間中は、休職する理由の改善に全力を尽くす義務があります。病気や怪我であれば治療に専念して、家族の事情であればそれを解決する為に努力する必要があります。
休職は在籍期間に含まれるので、会社の一員として休職期間中のルールを守ることが求められます。

休職中に何をしてきたかが重要

休職の経験について面接官に伝えるだけでは評価には影響しません。しかし、休職中をただ療養にのみ時間を費やしてしまうと、ブランクがあると考えられてしまいます。
会社の在籍期間である事に変わりはないので、復職してから会社に貢献できるように、資格を取得するなど工夫が必要です。

休職期間がある場合は募集要項に記載された勤続年数に注意しよう

転職先の会社の募集要項に、勤続年数3年以上と記載されていた場合は、休職期間を含めて3年であれば条件に該当しています。しかし、休職を除く旨が記載されていた場合は、該当しない場合もあるので注意しましょう。また、社会人経験3年以上と記載されている場合は、在籍期間から休職期間を除いた期間を表している場合があります。

期間については形だけの内容の可能性もある

勤続年数3年以上という条件を提示していて、休職期間を含めなければ3年未満だが、含めた場合は丁度3年になる場合は、条件には該当しています。しかし、面接官の考えとして休職期間は含んでいない可能性もあるので、面接中にそのことを指摘される可能性があります。
後から内定を取り消されることがないように、面接の電話をする際に予め確認しておきましょう。

休職期間も在籍期間に含まれるが実質の評価は違う場合がある

休職期間は基本的に在籍期間に含めますが、これは法律や規定上での意味合いが強いので、転職の面接の際には含めずに考えられる場合があります。休職中は、実際に労働していないので、社会人経験に含めないと考える場合もあります。
これは、転職希望先の会社の面接官の考え方によって違うので予め確認しておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム