2016年11月29日(火) 更新

新入社員が受けるオリエンテーションの主な内容と目的

新入社員研修の冒頭プログラム「オリエンテーション」とは何か?

新入社員が受ける研修プログラムの最初は、オリエンテーションが組まれています。ここで講師の方の紹介が行われ、実際にどのようなプログラムで進めていくのかが分かります。

この部分をしっかり聞いていないと、プログラムをどのように進めていくのかが分かりません。今後にも関わるので、必ずよく聞いてからオリエンテーションに挑みましょう。

プログラムの内容について重要な話がされている場合が多い

オリエンテーションの内容はプログラムの頭でもありますので、今後の新入社員研修を進める上で重要な話がいくつも話されます。講師の方の方針が分かるようになり、実際に実習をはさみながら行うのか、それとも座学のみで進めるのかが把握できます。

こうした部分を聞いていないと、今日の研修自体が分からなくなってしまうので、オリエンテーションの内容は非常に重要なのです。

オリエンテーションには自己紹介がある

新入社員の研修は外部の所で行っているのですが、会社ごとに行っているのであれば、内容に自己紹介を含む場合もあります。オリエンテーションで、周りの人に自分を知ってもらうための自己紹介をするのです。
オリエンテーションの自己紹介でコケると後々面倒なので、しっかりと自己アピールのネタを考えておきましょう。

新入社員にとっての第一印象を決める場

オリエンテーション時にある自己紹介で無難なことを言って済ますのもありですが、できることなら「自分の強み」をしっかりと自己アピールしましょう。
オリエンテーションだけでなく、新人研修は新入社員にとって第一印象を決める大切な機会です。せっかくなら、もう一度自分をアピールする場にするのが望ましいです。

オリエンテーションでは研修の目的をしっかり判断しよう

オリエンテーションでは、これから行われる新人研修のプログラム内容が説明されます。どのような進め方をするのか、新入社員に必要なことをどうやって教えていくのかが全てわかります。
どのような目的のプログラムかを理解して、積極的な研修参加を心掛けてくださいね。

オリエンテーションを聞いたら「社会人」の自覚を持つこと!

オリエンテーションは、最後まで研修を受けるための「気持ち」を持つために行う部分もあります。最後まで終われば、ようやく社会人の階段を上ったことになり、少しだけ社会に入ったと判断してもいいでしょう。
オリエンテーションをしっかりと聞き、その日1日の新人研修クリアに向けて気合を入れるいい機会にしてくださいね。

新入社員が受けるオリエンテーションは研修内容の説明が行われる!自己紹介があるので用意しておこう

新入社員が受けるオリエンテーションの内容としては、研修プログラムの説明などが行われ、自己紹介をする機会が多くなるでしょう。こうした部分を理解しなければ、新入社員研修の全てが分からなくなり、どのように行動すればいいのか知らないまま受けることになります。
研修プログラムの目的をしっかり理解するためにも、真剣に耳を傾けましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム