2016年11月25日(金) 更新

飲み会の正しい飲む順序とは

飲み会の正しい飲む順序①一杯目はビール!

飲み会での正しい飲む順序の最初の一杯は何でしょうか。お酒好きの人なら絶対、ビールで乾杯です。飲み会で、焼酎で乾杯してもいいですがバランスが取れないですし、女性では飲めない方も多いでしょう。サワーなどを頼んでも良いですが、効率の面も考えて基本的には最初の一杯は「ビール」です。

飲めない時には無理せず好きな物を頼む

一杯目はナマ。これが日本のほとんどの常識と言えます。しかし、ビールが飲めない方は無理に飲む必要はありません。カシスサワーでもカシスオレンジでも頼んでください。上司に嫌な顔をされるかもしれませんが、楽しく過ごせないあなたがいることの方が問題です。

飲み会の正しい飲む順序②二杯目はハイボール

飲み会でビールの次に飲む飲み物は、どういった飲み物が良いのでしょうか。二杯目はまた生ビール、角ハイボールか芋焼酎ロック(焼酎は原料により芋もしくは麦が一般的。ロックは氷を入れたもの)でいきましょう。

ボトルを頼んでソーダ・水・氷で割るため手間がかからない

お店によってはボトルを一本頼んで、自席にソーダ、氷、水を運んできて貰いましょう。お酒を作るのは意外と時間がかかるものです。色々な種類を店員を呼んで頼むのではなく、自席で作って、無くなったら補充してもらうのが良いでしょう。勿論、一番下の人が作ることになります。コミュニケーションにもなって良いでしょう。

飲み会の正しい飲む順序③カロリーも気にしつつ好きな物を

お酒を飲む順番が決まったら、次に気になるのはやっぱりカロリーです。お酒は喉越しがよく、何杯でも飲めてしまうのが難点! 飲み会では場の楽しさも手伝ってついつい食も進みがちになります。アルコールは満腹中枢を麻痺させます。満腹感をあまり感じず、飲みの席では際限なく食べてしまうことがあるでしょう。

ビールは250kcal、日本酒は200kcal、ワインは100kcal

ダイエットオンラインの記事を参考に、主要なお酒のカロリーをまとめてみました。
ビール中ジョッキ1杯(500ml)は約250kcal。
日本酒1合(180.39ml)は約200kcal。
焼酎180mlは約250kcal。
ワイン1杯(120ml)は約100kcal。
ちょっとだけ飲もうと思っても、沢山食べ沢山飲んだら、一気にカロリーを摂取してしまいます。苦手な人は急性アルコール中毒になりかねません。年齢が上の人も、健康を害する場合があるので気を付けましょう。

飲み会で飲む順序は最初がビール!二杯目がハイボール!カロリーも気を付ける

飲み会の正しい飲む順序は、やはり最初はビールです。次にハイボールです。友だち同士の飲み会なら、何から飲んでも構いませんが、会社の飲み会では皆に合わせて飲むことも、社会人としては必要な事です。しかし、本当にお酒が嫌いな人は無理して飲む必要はありません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム