2016年12月09日(金) 更新

事務職で評価を上げる目標設定のコツ

事務職として社会人スタート!

社会人として働き出す人が毎年大勢います。その多くの方が不安と期待に胸を踊らせているでしょう。
期待はしたいけど、不安は取り除きたいですよね。

ここでは事務職の目標設定とそれによる評価をみていきましょう。
事務職といえど、営業と同様に目標設定が必要な会社は多いのです。

事務職の不安は「目標設定」と「評価のされ方」

女性の方が事務職で働く事が多いでしょう。
もちろん事務職といってもたくさんあるので、男性が活躍している場合も多くあります。

しかし一般職として就職し、営業のアシスタントのような仕事が多いのが現象です。
そんな事務職として働く人にも多くの不安があるはずです。その不安の一つが「目標設定」とそれによる「評価」なのです。

事務職の評価は「目標設定」が重視される

事務職として働き始めてまず思うのが、どうやって評価されるのか、という点です。
営業のような仕事なら数字という評価がありますが、事務職ではなかなか数字は当てはまりません。

それでも社会人として働く上で、評価というのは必ずついてきます。
そこで大切になってくるのが目標設定です。目標設定することでそこにどこまで達したかジャッジすることが出来るのです。

事務職の目標設定の仕方

事務職でも、目標設定する事が求められます。
では、どのような目標設定をするべきでしょうか?

それは、目標設定するときに数字を入れる事です。
事務職の場合、あまり数字にピンと来ないと思いますが、評価してもらうためには、数字が必要です。数字のない目標設定では、なかなか評価は難しくなります。

評価される目標設定をしよう

事務職で目標設定に行き詰まったら、まずは業務を見直してみましょう。
何度もミスをしている事はないでしょうか?ミスの回数を減らす。これも数字を入れた立派な目標設定になります。

また、時間短縮も数字が関係してきます。
出来る仕事の件数でも数字ですので、事務職でもどんどん数字が出てきます。

達成できる目標設定をする

目標設定しただけで満足してはいけません。
挙げた目標を達成することで、高評価に繋がるのです。

決して表に出る人だけが評価されるわけではありません。
事務職もちゃんと評価されていきます。その評価がいいものになるよう、達成できる目標設定をするようにしましょう。

事務職も目標設定に数字を取り入れ、明確にして評価を上げよう!

事務職として働いていても、もちろん評価はされなければなりません。
そのために必要なのが目標設定です。目標設定には数字を入れることが大切です。

事務職であっても数字を入れた目標設定はたくさんありますので考えてみましょう。
みんなが良い評価を受けることができ、昇給、昇格に繋がっていくことを期待します。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム