2016年11月25日(金) 更新

仕事における個人目標設定はどう立てたらいい?決める際のメリットと注意点

なぜ仕事の個人目標設定が必要なのか

会社においては、大きめ仕事の目標設定がされているところも多いはず。しかし、そういった大きい目標だけだと、いかにしてその目標にたどり着くのか、自分の仕事内容からその目標に貢献するにはどうしたらいいのか、という部分が不足してしまっています。ですから自分なりの仕事の個人目標設定をする必要があるのです。

仕事における個人目標設定のメリット

仕事の個人目標を設定する事によって、会社の大きな目標に向かうための正しい道筋を作る事ができます。そのため成績アップにもつながりますし、ダイレクトに自分の成長にも繋がるというメリットがあります。会社や部署などのの大きな目標にはないようなメリットが、個人目標設定にはありますから、ぜひ覚えておきましょう。

仕事の個人目標設定はどうやって決める?

仕事における個人目標の大切さというものはわかっていただけたと思いますが、ではその個人目標設定というものはどうやってたてたらいいのか、というのは多くの人にとっての悩みどころです。その個人目標の設定の仕方について見ていきましょう。

個人目標設定には自己分析を!

仕事の個人目標設定をたてるためには、自分の能力は今どのくらいなのか、何が得意で何が不得意なのかなどを知っておく必要があります。それを知った上で、もっと自分の能力などを磨いて苦手をなくすためにはどうしたらいいのかを考えましょう。その目標に向かって努力をすれば、自分のためになり、それが結果的に会社のためになると思えるような個人目標設定をたてましょう。

仕事の個人目標設定をたてる時の注意点

ここまでで仕事において個人目標設定というものは大切だという事、またそのたて方のコツなどについてお話しをしてきました、最後に個人目標を設定する上での注意点についても見ていきましょう。これを知らずにやみくもに個人目標設定をしてしまうと、後悔をするかもしれません。

個人目標設定は現実的かつ自分の能力以上

個人目標をたてる時に、意気込み過ぎてとても高い目標にしてしまい、現実的ではなく達成もできないなんていう事になってしまうケースがあります。そうなってしまわないためにも、目標は堅実に現実的に、しかし簡単すぎず今の自分の能力以上がないと達成できないものにしましょう。

仕事における個人目標設定は「高すぎず」「低すぎず」

仕事においては個人目標設定を立てる場合が多いでしょう。個人目標設定というのは、自分の成長、会社への貢献度アップなど、メリットもたくさんあります。ですからしっかりとたてるようにしましょう。個人目標設定をたてる時には自己分析をして、自分に足りないものを補うことができ成長できるような目標にしましょう。個人目標設定の高さは高すぎず、低すぎずが理想的です。

関連コラム