2016年11月25日(金) 更新

休日出勤が短時間で終わった時の振替休日の扱われ方

会社の就業規則を把握するのが第一

企業が労働者に休日出勤を命じるケースは少なくありませんが、無制限に命じられるわけではないのです。企業では、就業規則によってさまざまなルールを定めているのですが、休日出勤に関するルールも定めておく必要があります。労働者の側も、就業規則の内容をきちんと確認して、どのような規定になっているかを把握しなければなりません。

休日出勤は終日の勤務とするのが基本

労働者が休日出勤をする場合、通常は終日の勤務になります。本来の就業時間に勤務するのが基本なのです。しかし、仕事の進捗が良い場合などは、終日の勤務をする必要はなく、短時間で仕事が終わるときもあります。短時間で仕事が終わった場合は、終日勤務をした場合とは異なる取り扱いがなされることがあるので、確認が必要になります。

振替休日の取り扱いについて

休日出勤をした場合、本来の休日が減ってしまうので、他の日に振替休日を取得できる場合が多いです。振替休日をどのように与えるかは、企業によって対応が異なります。週1日の休日が保証されていれば、振替休日を必ず与える義務があるわけではないのです。休日出勤を命じられた際に、確認しておいた方がいいでしょう。

短時間の休日出勤をした際の振替休日

振替休日という制度は、1日を単位として与えるものです。したがって、数時間だけの短時間の振替休日はありえません。出勤する時間がある日については、休日と呼ぶ事はできないのです。短時間の休日出勤をすることになった場合は、振替休日という形を取るのではなく、別の形で埋め合わせをするのが一般的です。

そもそも休日に関する定めは企業によって異なる

労働基準法では、原則として週1日の休日を設ける事が規定されています。現代の企業においては、週休二日制が確立しているところが多いです。一般的な企業は、土日が休日となっています。しかし、年中無休のような企業の場合は、平日休みになることや、シフト勤務で休日が固定されていないことも多いです。企業ごとのルールを確認しなければなりません。

休日出勤は基本的に終日勤務

原則としては、あらかじめ定められた休日には休めます。労働者がしっかりと仕事をするためには、休日に休みを取る事が欠かせません。しかし、繁忙期で仕事量が増えてしまったり、急な体調不良で人員不足に陥ってしまったりすると、仕事をスムーズに進めるために、休日出勤を命じられる場合もあります。短時間で済んだ休日出勤になるときもありますが、基本的には終日の勤務となります。

休日出勤が短時間で終わったら振替休日にならず、他の形で埋め合わせされる

企業に勤めていると、必要に応じて休日出勤を命じられます。休日出勤で終日の勤務をした場合は、振替休日という形で休みを取れますが、短時間で勤務が終わった場合は状況が異なります。時間を限った振替休日はないので、振替休日とは別の方法で、出勤した分の埋め合わせをするケースが多いです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム