2016年11月29日(火) 更新

何年勤務するの?海外赴任の期間と持つべき覚悟

海外赴任で勤務する平均期間は何年ぐらい?

海外赴任を命じられる可能性のある人が気になる問題に、「一体勤務期間は何年ぐらいになるのか?」があると思います。海外で働きたいと思っている人でも、期間によっては会社を辞めることもあるかもしれませんね。それでは海外赴任する平均期間は何年ぐらいか見ていきましょう。

期間を設定する企業は少ない

実際のところ、海外赴任において「何年」といった期間を設定している企業は少ないようです。これは、海外の支社で活躍して欲しいという願いがあるのと、安定して経営が出来る基板を作るためです。

3年・5年・8年を目安にする所が多い

そのため、何年という決まりを付けず、会社側がいいと判断するまでは帰れない状態が続きます。ただ、区切りとして3年、5年、8年を目安にしているところが多いようです。

期間のある海外赴任は臨時のケースが多い

仮に期間が設定されていた場合ですと、海外の支社で問題が起きており、臨時で行くというケースが多いです。 この場合は期間が終われば帰国するので、何年待たなければならないかという気持ちは生まれません。臨時なので速やかに解決出来るように物事を進めれば、それよりは早く変えるように指示が出るケースもあります。

海外赴任で覚悟すべきことは?

海外転勤の可能性がある会社で働く人は、先ほど述べた勤務するのに定められた平均期間は特にないことから、覚悟を持たねばなりません。一体、海外赴任するのにはどれくらいの覚悟が必要なのでしょうか?

期間の設定がない場合、10年以上続く可能性も覚悟する

海外赴任の期間が何年、と決められていない場合は10年以上海外での仕事を続ける可能性もあります。 もしこの年数まで続けるのが難しいのであれば、1度帰れないか相談してみる必要もあります。

ただ、会社が個人的な都合で戻すような例はあまり無く、10年以上海外での仕事を強いられる傾向は多くなっています。海外転勤の可能性がある会社で働く人は、命じられたら10年以上海外で働く可能性があると覚悟しておくべきでしょう。

一時帰国は可能でも長期化する傾向に

何年という決まりを付けないのは、同じ人に海外勤務を続けてもらい、会社の安定を図りたい狙いがあります。従って海外転勤は長期化する傾向が多く、どうしてもすぐに帰れない状態を生んでしまうのです。何らかの都合で一時帰国は可能となりますが、それが終われば早々に戻ることになり、殆ど日本に居られる時間はありません。

長期間の海外赴任が嫌な場合は?

「海外で働いてみたいという思いはあったけど、10年以上も勤務する覚悟はない」という人もいるのではないでしょうか。ここでは、長期間の海外赴任が嫌な場合に取るべき選択肢を見ていきます。

海外赴任する前に会社を辞める決断が必要!

何年も海外赴任をするのは嫌だと思っているなら、行く前に決断をしなければなりません。海外に行ってから辞めたいと言っても難しい場合が多く、会社としても代わりの人員を確保できないのです。

従って海外赴任を命じられる前に、自分から会社を辞める決断をする必要があるでしょう。それが出来ないと、何年も海外赴任を続ける事も考えなくてはいけないのです。

会社の温情で帰国できる可能性も0ではない

海外転勤は何年続くのか分からないものですから、日本に戻りたいと思っていても、帰ってこられないケースが多いです。行く前に辞められなかった場合、1年以上仕事をしていれば、温情で戻してくれる場合もあります。その場合は代理の人を立てることになるので、決まってから出ないと戻れないという点は理解しておきましょう。

なお、作業員として行く場合は期間が決められているので、温情で戻るのは不可能です。

海外赴任に期間の定めはない!10年以上帰国できない覚悟を持とう

海外赴任には平均期間などないため、何年続くのかはまったく分かりません。10年以上になるケースも多いのです。また、海外赴任の後にまた別の国に転勤なんて可能性もあるので、色々な場所を転々とさせられる可能性まであります。作業員として現地に行く場合は良いですが、会社の内部で携わる場合、年数がどれくらいになるか分からないと判断し、覚悟を決めるべきでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム