2016年11月25日(金) 更新

休職する同僚にプレゼントを贈る時に押さえておくべき3つのポイント

同僚が休職する理由によって贈るプレゼントを決めよう

休職する同僚にプレゼントする時は、休職する理由によって何を贈るか決めましょう。うつ病や、怪我によって休養する際には、暇つぶしや気を紛らわせられるようなプレゼントを選ぶのが大切です。どちらの理由によって同僚が休職した場合でも、暇な時間が多いせいで、復職する時の事をネガティブな気持ちで考えてしまうケースがあるので、そういった時間を少しでも無くせるプレゼントが理想です。

同僚の趣味を事前に把握しておこう

同僚が暇をつぶせるプレゼントとしては、快適グッズなどよりは趣味の物が挙げられます。ゲームや釣りの道具など、趣味に使えるプレゼントを贈れば、暇つぶしだけではなくストレス解消にも繋がります。また、産休や育児休暇の為に休職する場合には、赤ちゃんに使える消耗品やおもちゃをプレゼントすれば、有効活用してもらえます。

同僚が貰って必ず役に立つプレゼントを贈ろう

同僚の趣味や性格によって当たり外れがあるプレゼントを贈ってしまうと喜んでもらえない場合があるので、できるだけ当たり障りの無いプレゼントを贈りましょう。当たり障りの無いプレゼントとしては、消耗品であるお菓子や日用品や、快眠グッズなどが挙げられます。

とはいえ、プレゼント選びは考えすぎないように

休職は、退職とは違い復職を前提としているので、余りにも豪華なプレゼントを贈ってしまうと、返って気を使わせてしまう可能性があります。同僚が休職に対して負い目を感じているようであれば、お菓子や日用品など消耗品を選びましょう。

同僚が休職する際のプレゼントの値段は控えめにしよう

退職ともなれば部署内でお金を集めて、多少豪華なプレゼントを贈るのも大切ですが、復職を前提としている同僚の休職の場合は、できるだけ値段は控えめに設定するのが大切です。全員からお金を集めるにしても、一人につき高くても500円までに抑えておいて、集まった金額に合わせてプレゼントを選びましょう。

全員が同じ気持ちであることが前提

休職する同僚に対して、マイナスなイメージを抱いている人物が少なからず存在する場合は、全員からお金を集めてプレゼントを購入することは避けましょう。復職した際に、休職した同僚本人が嫌な想いをしてしまうことになる可能性があります。

休職する同僚へのプレゼントは本人の事を考えた物を!

休職する同僚に対してプレゼントを贈るかどうかは、休職の理由によって決めましょう。旅行など自己都合である上に娯楽の為に休職するのであれば、餞別としてプレゼントを贈る必要はありません。しかし、病気や怪我や出産や育児が理由であれば、それぞれの理由に応じて適切なプレゼントを贈ることが大切です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム