2016年12月09日(金) 更新

お餞別をいつ渡すかタイミングを知ろう!上司・取引先・同期

お餞別のタイミング①上司にはいつ渡す?

直属の上司など、特にお世話になった人に贈るお餞別はいつ渡すべきなのか見てみましょう。全員からお金を集めてお餞別として一つの贈り物をする場合とは別に、自分だけの、感謝の気持ちを表したい場合もあると思います。
しかし勝手なタイミングでお餞別を渡すのではなく、いつ渡すのか考えなくてはなりません。

上司にお餞別を贈るタイミングは「後で個人的に」

先にお餞別を渡してしまうと、個人的に渡したはずが、全員から渡されたお餞別ではないかと判断されてしまいます。それでは効果も半減でしょう。「お餞別をいつ渡すの?」という疑問の答えとして、全体でお餞別を出した後で、全体の会などが終わった後に「個人的に」お餞別を渡すのがベストなタイミングなのです。

お餞別のタイミング②取引先にはいつ渡す?

社内なら送別会などお餞別を渡す機会が設けられるので、.挨拶のときなどを利用してお餞別を渡すのも良いでしょう。しかし取引先が相手ではそういうわけにはいきません。

取引先にお餞別を贈るタイミングは「辞令交付後」

辞令交付後にお餞別を渡すのが良いでしょう。辞令交付前ですと取消も含めてどうなるのか分かりません。事態の確定した辞令交付後に渡すのが良いのです。

ただし難しい時期でもあるので、辞令交付後はタイミングを見計らってお餞別を渡すと良いでしょう。

お餞別のタイミング③友人や同期にはいつ渡す?

上司などではなく、友人や同期などがさまざまな事情から引っ越すことがあると思います。そういう場合に新しい生活の為に少しでもお餞別を渡したい気持ちがあるでしょうが、いつ渡すのか意外と難しいものです。

特に会う機会が多い友人などの場合などは、タイミングが見計らいにくいものになります。

友人や同期にお餞別を贈るタイミングは「最後に会うとき」

お餞別を早いタイミングで渡しても、その後に何度も会うことがあっては効果が薄れてしまいます。頻繁に会うからこそ、最後の時にお餞別を渡すのが一番でしょう。

例えば引越し直前など、最後に会うときにお餞別を渡すと効果的でしょう。

お餞別をいつ渡すかは効果的なタイミングを選ぼう

社会人になるとお餞別を渡す機会は非常に多くなります。会社の場合には全体で渡す事も多いのですが、個人的に渡したい時にはいつ渡すかが非常に大切なものになります。

いつ渡すかで効果も変わってきますし、渡すタイミングによって人間関係に影響が出たりするので、細心の注意を払う事を忘れないようにしましょう。お餞別は単に渡せるときではなく、効果的なタイミングを選んで渡しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム