2016年11月29日(火) 更新

お餞別の意味とは?知らないと恥をかく表書きのマナー

そもそも「お餞別」とは?

お餞別とは、遠く離れていく人に対して金品を贈り、はなむけとすることをいいます。
一般的にお餞別を渡す機会として最も多いのが、会社の人が退職したり転勤したりする時です。転居や旅行、留学などもお餞別を渡す対象となります。

お餞別の定番は「お金」である

お餞別でもっとも多いのは、やはり現金です。

会社で退職したり、転勤したりする人に20代の人がお餞別する場合の相場は、相手の方との関係にもよりますが、一般的には1人1,000円から3,000円ほどになります。グループや全体でお餞別する場合、金額は全員揃えておきましょう。新札であるほうが良いですが、用意できない場合はなるべくキレイなお札を使用しましょう。

現金ではなく「品物」でもOK!!

また、お餞別にはお金が最も多いと書きましたが、必ずしもお金とは限りません。
渡す人が、贈る人に向けてどんなお餞別にするか考え、もらった人の記念になるような品物でも構いません。退職する人にお餞別をする時などは、お花と思い出に残るような品物を贈る場合もあります。
ただ、贈る人の好みや趣味があるため、昔に比べて品物を渡す機会は減ってきているそうです。

お餞別で使う熨斗袋と表書き・宛名について

お餞別の表書きや宛名という問題の以前に、お金を包む袋に注意が必要です。
お餞別用のご祝儀袋はありません。そのため、お餞別には紅白の蝶結びの水引きがついた熨斗袋を用意してください。熨斗袋がなければ白い封筒を代用してください。

目上の方に、個人的なお餞別を渡す場合に「御餞別」という表書きではマナー違反に当たるのでやめましょう。その場合は「おはなむけ」という表書きで贈るのが良いです。
次に、宛名について紹介していきます。

お餞別に宛名は必要ない

お餞別の宛名に関しては間違った認識の方が多いので注意してください。
基本的に、お餞別の宛名は書きません。お餞別の熨斗袋の上に「御餞別」と書いたら、その下には宛名ではなく差出人の名前を書くのがマナーです。まれに、祝儀袋の表書きに宛名を書く人はいますが、間違えないようにしましょう。

転居・引っ越しする場合のお餞別の表書き

熨斗袋の上段には「御餞別」「御礼」「おはなむけ」と書きます。新築の住居に移る場合には、上段は「新築祝い」とする書き方のほうが喜ばれます。マンションを購入して引っ越す場合は「御祝」「御引越御祝」などと書きましょう。

遠方に異動・転勤する場合のお餞別の表書き

熨斗袋の表書きは「御餞別」「御礼」「おはなむけ」です。
下段には贈り主の氏名か姓を書きます。職場でまとめて贈る場合、下段には部署名を書きます。同じ会社内の場合には社名は省略される場合が多いとされています。

「自分より目上の人」にお餞別を送る際の表書きマナーとは

会社の方の退職や転勤の際にお餞別を贈るときは表書きに注意が必要です。自分より目上の方に個人の名前でお餞別を贈るのは失礼にあたります。
では、目上の人にお餞別を贈る場合、表書きはどうするのでしょうか。

目上の人に個人でお餞別を贈るのはNG!部署やグループ単位で贈ろう

目上の人にお餞別を贈る際は、部署一同やグループ単位でお餞別を贈るのが一般的です。お餞別の熨斗袋の表書きには「部署名一同」と記載します。
グループでお餞別を贈るときは、3人程度までとするのがよいでしょう。役職や勤続年数のキャリアのある人から順に、右側からフルネームで表書きに記載します。

お餞別の表書きの上段には「御餞別」下段には宛名ではなく贈り主の名前を書くのがマナー

お餞別の意味と、表書きのマナーについて説明しました。
お餞別の表書きには「御餞別」や「おはなむけ」と書きますが、その下には宛名ではなく、差出人の名前を書きましょう。お餞別の熨斗袋は紅白の蝶結びの水引きを使用してください。
目上の方に、個人でお餞別を贈る行為は失礼に当たります。会社で退職や転勤する人にお餞別を贈るときは、グループや部署一同など、連名で贈るようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム