2016年12月16日(金) 更新

税理士の労働時間とは

税理士の労働時間とは①繁忙期は2~3月

税理士事務所に勤める税理士は、税金についてのエキスパートといっても過言ではありません。税理士は、その知識やノウハウを活かして、個人や企業の税金に関するサポートを行う仕事をしています。

特に企業において税理士という存在は欠かせないでしょう。
2~3月には確定申告があります。そのため、税理士の繁忙期は12~4月ころといえるでしょう。この時期は特に忙しいため、深夜12時をまわる残業も多く、休日出勤をすることも少なくないようです。

税理士の労働時間とは②閑散期

繁忙期を乗り越えれば、税理士としての仕事もだいぶ落ち着くため、5~11月あたりは税理士の閑散期で、残業する機会もあまりありません。
月末も多くの書類作成や申請に追われ、多忙であった税理士ですが、近年はさまざまなものが電子化され以前ほど書類に追われることはないようです。

税理士の労働時間とは③事担当企業の状況によって勤務時間が異なることも

税理士の顧客には中小企業が多いので、こうした企業の就業時間に合わせて仕事をしなくてはなりません。書類の締め切り日ももちろん厳守しなくてはなりませんので、繁忙期になると徹夜・休日出勤など多忙を極めます。

まとめ

税理士は確定申告などがある2~3月が、特に繁忙期であることが分かりました。また、担当企業の就業時間に合わせた仕事をしなければならず、場合によっては徹夜や休日出勤をするほど激務の時期もあるようです。
しかし、電子化が進んだ近年では、月末の書類の作成や申請は以前ほど手間を取ることがなくなったため、5~11月ころには閑散期もあるようです。

関連コラム