2016年11月29日(火) 更新

新入社員の歓迎会で絶対に盛り上がるゲーム・余興ネタ

新入社員歓迎会で使える余興・ゲームの出し物具体例

新人を迎える新入社員歓迎会で使えるゲームの出し物、余興としておすすめの具体例を紹介します。絶対にウケる余興が出来るように準備しておきましょう!

新入社員歓迎会の余興・ゲームの出し物案 オススメ例

新入社員歓迎会は新入社員も先輩社員もみんなで盛り上げたい!という場合は全員参加できる出し物、ゲーム企画を考えましょう。
以下、新入社員歓迎会のオススメ余興ゲーム案です。

■借り物競走
「社長の財布」といった難易度の高いものを混ぜても盛り上がるかも。

■ビンゴ大会
余興ゲームのテッパンです。

■カラオケイントロクイズ
新人からベテランまで世代を超えて楽しめます。

新入社員歓迎会はネタ系で攻めたい人の余興ネタ案

新入社員歓迎会はネタ要素が強い余興がいいという人は、余興ネタの定番「ダンス・歌」「ものまね」でいきましょう。
女性社員全員でAKBを踊ったり、男性社員の仮装大会など、新入社員や新人と共有できる余興ネタがいいでしょう。
新入社員歓迎会の出し物・ゲームは恐れずに攻めていきましょう。

新入社員歓迎会で使える余興ネタのポイント

上記では、新入社員歓迎会で使える出し物・ゲームの出し物の具体例を紹介してきましたので、ぜひ余興ネタの参考にしてみてください。次に、新入社員歓迎会で使える余興ネタの考え方のポイントを紹介します。

新入社員歓迎会で使える余興ネタのポイント:全員参加

新入社員歓迎会の出し物・余興は新人を含め全員参加できるものを企画しましょう。新入社員歓迎会といているのに、先輩だけが楽しんでいてはいけません。
新入社員歓迎会で新入社員の気持ちをほぐし、楽しませるのが余興の目的です。新入社員に無茶ブリするような新入社員に頼ったものでも新入社員に負担をかけてしまいます。全員が参加できる余興が適切でしょう。

新入社員歓迎会で使える余興ネタのポイント:誰でも楽しめる

新入社員歓迎会の出し物やゲーム、余興は全員参加型にしても、どうしても誰かにスポットライトは偏ってしまうものです。そういう場合でも、見ているだけで楽しめる出し物や余興を用意しておきましょう。
仲間内でしか分からないようなネタはやめて、誰しもが理解できる内容のものにして、見ていて楽しい出し物、余興を目指してください。

新入社員歓迎会で使える余興ネタ・ゲームの注意点

新入社員歓迎会で使える出し物や余興の具体例、新入社員歓迎会で使える余興ネタの考え方のポイントを紹介しました。

最後に新入社員歓迎会で使える出し物や余興の注意点を紹介します。

新入社員歓迎会までに職場の人間関係をリサーチ

新人を歓迎する新入社員歓迎会で余興ネタ・ゲームの注意点のひとつ目として、新入社員歓迎会を開催する前に職場の人間関係についてリサーチしておきましょう。
多少のゲーム内で無茶ブリが許される人や、絶対につついてはいけない話題など、新入社員歓迎会の余興などで変な空気になる事はないか探しましょう。

新入社員歓迎会の幹事は楽しまなくていい

次の新入社員歓迎会で余興ネタ・ゲームの注意点は、新入社員歓迎会の幹事は自分が楽しむ事を目的にしないことです。
幹事は新入社員歓迎会の雰囲気や他の人の表情など、細かくチェックしておきましょう。新入社員歓迎会の主役は新入社員です。幹事は出し物やゲームの司会進行などを務めつつしっかり周囲に気を配りましょう。

新入社員歓迎会後はみんなにお礼する

最後の新入社員歓迎会で余興ネタ・ゲームの注意点は、新入社員歓迎が無事終わった後は、余興を盛り上げてくれた皆さんに対してのお礼を忘れないことです。
余興の準備や仕込みは幹事がしたかもしれませんが、その企画にのって楽しんでもらったのなら、その事にお礼を表してください。
新入社員歓迎会の出し物やゲーム、余興の最後にお礼を添えると、会が綺麗に締まります。

新入社員歓迎会の出し物やゲーム、余興ネタは皆が楽しめるように!

新人を迎える新入社員歓迎会で使える出し物やゲーム余興として、余興の具体例、新入社員歓迎会で使える余興ネタのポイント、新入社員歓迎会で使える余興の注意点を紹介しました。
新入社員歓迎会は新人とメンバーの仲を縮めるためにありますから、メインは余興ネタといっても過言ではありません。

今回紹介した内容を参考に、新入社員歓迎会でみんなが笑ってもらえるように、出し物やゲーム、余興を大成功させましょう!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム