2016年11月25日(金) 更新

入社時に前職の源泉徴収票を求められる理由と取得方法

転職するときの入社時の手続き

会社に入社するときには、いろいろな提出書類が必要となってきます。新卒で入社するときもそうですが、転職のときにはなおさらです。というのも、転職の場合には前職において収入や税金などが既に発生しているため、さらにいろいろな書類が必要となってくるのです。

前職の源泉徴収票を入社時に提出

このような転職の入社時の提出物には、前職の源泉徴収票がある場合もあります。この源泉徴収票ですが、基本的には、前職の収入や課税、社会保障についての書類ということになりますよね。これを転職先に提出するのはなぜでしょうか。

入社時に前職の源泉徴収票で確認できること

会社員であれば、給与を支払われる時には所得税や社会保険料といったものが天引きされて、その残りを受け取るようになります。この差し引きについて確認ができるものが、源泉徴収票ということになります。つまり、前職の源泉徴収票は、給与の額も確認ができますが、それだけではありません。既に支払った所得税や社会保険料の金額を証明することができる書面、ということもできます。

入社時に前職の源泉徴収票を提出するのは所得税の精算のため

ここまで分かってくると、なぜ、源泉徴収票の提出が必要となるのかも見えてきます。会社では、年末になると「年末調整」と言う作業が必要となります。会社が社員の所得税の精算をする作業となります。この作業をするにあたって、1~12月までの収入や、天引きされた税金などの数字を把握する必要があるのです。そして、こういった数字の証明として、源泉徴収票を求めるようになるのです。

前職の源泉徴収票はどうやって入手するか

転職先に源泉徴収票を出すのは、入社の時点で、という場合が多いものです。よって、入社が決まったらできるだけ早く手配をしたいものです。源泉徴収票は、どうやったら入手できるのでしょうか。

源泉徴収票は会社が発行するもの

源泉徴収票というのは、給与を支払う者が発行する書面となります。つまりは、前職の会社に依頼するようになりますし、逆に言えば、前職の会社しか発行することはできません。同時に、会社は依頼をされたら発行する義務がありますので、前職の会社の担当者にすぐに依頼をするようにしましょう。

前職の源泉徴収票は年末調整に必要なため入社時に提出する必要がある

このように、源泉徴収票の意味や位置づけを見て行くと、なぜ転職の入社時において、前職の源泉徴収票を提出する必要があるかわかってきます。年末調整の確認作業において、源泉徴収票に記載されている給与や天引きの分を把握、確認する必要があるのです。とくに、間をあまりあけず前職から転職をするような場合は早めに前職の会社から源泉徴収票を入手するようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム