2016年11月25日(金) 更新

仕事のストレスで休む必要があるときの診断書の貰い方・使い方

ストレスが原因で仕事を休職する

仕事上のストレスは場合によってはどうにもならない可能性があります。どうしても嫌な人が上司の場合や仕事内容が耐えられないといった場合にはストレスも大きい物になってしまいます。

ストレスが理由で仕事を休めるのか

この問に答えるには「会社の就業規則によって違う」と答えるしか有りません。しかし、大手ほど柔軟な休職制度があり、医師の診断書すらなくてもストレス理由で休職したいと申し出れば受理される傾向にあります。
しかし、ストレスが理由で休職する際には診断書は必要になる会社が多いでしょう。

ストレスで仕事を休む際の診断書の貰い方

診断書はあくまでも病名とその病状、そして治療に要する期間といったところを証明してくれるものです。そのため、ただのストレスだけでは診断書を出してくれる病院はほとんどないでしょう。

ストレスによって仕事を休む際は診断書の力が重要

自分のストレスのことは自分にしかわからないものです。そのため客観的な証明として診断書が必要になってくるのです。また、会社にストレスを抱えている事実を伝え、判断を委ねるためにも診断書を受領することは、重要でしょう。

仕事を休む際の産業医の使い方

会社には産業医を置いている会社がありますが、あくまでストレスで休職したいけれども診断書が取れない際には産業医に相談するのもよいでしょう。
産業医の方から休職の斡旋をしてくれるケースもあります。加えて復帰する際にも産業医の助言で職場を変える等の対応が取られることもありますから、有効活用していきたいものです。

ストレス理由で仕事を休むには診断書による証明が必要

仕事のストレスが強いものになると病気を引き起こす可能性もあります。その前に休職するというのもひとつの手ですが、ストレス理由での休職は会社によって大きな違いがあります。
診断書があれば休職が取りやすくなりますが、不眠などでないと診断書ももらえないでしょう。産業医は使い方しだいで職場環境を変えるのも可能になりますので活用してみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム