2016年11月25日(金) 更新

入社後の女性社員がパンプスを選ぶ際に注意する点

入社後にローファーは認められない職場もある

企業の中には入社後の服装に厳しいところも多くあります。学生時代に履いていたローファーは、立派な革製品である上に色も黒だし、オフィスにも丁度良いのではと思う女性の方もいるでしょう。しかしローファーはあくまで学生が履くものであり、入社したオフィスによっては上司から注意されることもあります。

パンプスはむしろ推奨されていること

女性のオフィス用の靴として、ある程度ヒールの高さのあるものを推奨する人もいます。パンプスはむしろ女性の靴としてオフィス用に認められているものなのです。学生時代にスニーカーばかり履いていた女性の方はパンプスでは歩きにくいと感じるものなので、入社が決まったらなるべく早めに慣れておく様にしましょう。

高いヒールでも歩き易ければ入社後もOK

オフィスでは高いヒールはNGと思われています。しかし意外と女性では高いヒールのパンプスを履いている人もいるのです。中には通勤時にスニーカーやローファーを履き、オフィスに着くとパンプスに履き替える女性もいます。ヒールの高いパンプスを履くと身体が緊張してやる気が出たり、自信がついて難しい仕事ができそうな気がするものです。オフィス内では歩き易ければ10センチヒールのパンプスでもOKとなっているところが多いのです。

ヒールの高さの平均は5~7cm

実際に女性が歩き易いパンプスのヒールの高さとしては、5~7cm程度となります。この高さは膝に負担がかからないだけではなく、女性が歩いた時の姿勢として一番キレイに見えるのです。あまり高いヒールのパンプスを履くと、歩く時に膝が曲がってしまい、見た目が悪くなってしまいます。

入社後は色も無難なものにしておくこと

入社直後にパンプスを選ぶ際には、やはり無難な色にした方が良いでしょう。パンプスとして一番馴染み深いのは黒ですが、スーツの色に合わせて茶色やベージュもOKです。素材に関しては、社会人ならばやはり革にするべきです。キラキラと光るエナメルは夜に遊びに出かける用であり、接客時に目立ってしまう可能性もあります。

デザインはシンプルがベスト

パンプスにはリボンや金具がついていたりするものがあります。しかしパンツスーツに合わせることを考えると、飾りがパンツの裾に引っかかってしまうので、デザインはシンプルな方が使い勝手が良いと考えましょう。

入社後にパンプスを履く女性はトータルコーディネートを重視すること

会社に入社をすると、ファッションセンスはいかに個性が目立つかではなく、いかにトータルコーディネートとしてまとまっているかという方が好感を持たれるものです。女性のパンプスは見た目がオシャレというよりも、全体的なシルエットがキレイに見える方が得なのです。シンプルで職場の雰囲気やスーツに合ったパンプスを持っていた方が、より長く愛用できます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム