2018年04月25日(水) 更新

入社1ヶ月でもらえる?知っておきたいボーナス支給事情

入社1ヶ月目ではボーナスを支給しない会社が圧倒的に多い

入社して1ヶ月程度の新人には、ボーナスは支給しないという会社が圧倒的に多いです。ほとんどの会社が、入社1ヶ月ではボーナスがもらえないと思っていた方が良いでしょう。これが一般的な考えだという点は、理解しておきましょう。

4月入社で夏のボーナスが貰えないのは一般的

ボーナスが出ないのは、入社して1ヶ月の新人だけではなく、入社してから半年未満の人にもボーナスは支給しないという企業が一般的です。4月に入社しても夏のボーナスが貰えないというケースは、当たり前に見られます。夏のボーナスは、前期の下半期の業績から計算されるものであるため、その業績に関わっていない4月入社の場合は貰えないのは当然ともいえるでしょう。

半年以上働けばボーナスが貰える可能性が高くなる

上記のように、入社1ヶ月とはいわないまでも、3ヶ月でもボーナスは貰えないのが一般的な考え方です。しかし、半年以上働けば、ボーナスは貰える可能性が高くなります。ほとんどの会社が年2回ボーナスを採用しているため、半期で計算するボーナスの支給対象になり得るのです。

入社1ヶ月でもボーナスが貰える企業がある

たとえ入社してまだ1ヶ月そこらの転職者であっても、ボーナスはもらえる企業も存在します。もちろんそれは、他の勤続期間が長い人よりはるかに少なめになりますが、それでもきちんとボーナスをもらえるという企業も実際にあるのです。

金額的には給与の半月~1ヶ月分程

入社して1ヶ月くらいでボーナスの時期になり、その会社がきちんとボーナスを支給してくれる場合もあります。その際のボーナスの金額は、給与半月~1ヶ月分くらいが相場になっているといわれています。それでも、貰えないよりは貰えた方が、うれしいものですよね。

ボーナスは会社の業績によるため年々事情が変わる可能性がある

ボーナスの支給額は、会社の業績にもよるというところが大きいです。明らかに会社の業績が好調であれば、上記のように入社1ヶ月であってもボーナスを払ってくれるでしょう。場合によっては、去年はOKだったけど、今年の新人は貰えなかったというケースも出てくるのです。

ベンチャー企業では入社後の実力次第でボーナスが左右されるケースが多い

業績=実力となるようなベンチャー企業では、たとえ入社1ヶ月であっても、その1ヶ月の間に目に見える結果をだせばボーナスをもらえる可能性は高いでしょう。しかし経営が安定しないのもベンチャーの特徴ですから、業績が悪くなったら他の企業よりもボーナスを削るという選択肢が採用されやすいという特徴もあります。

入社後1ヶ月ではボーナスは期待できない!6ヵ月以上働けば貰える可能性は高くなる

まだ入社して1ヶ月程度という新人であれば、ボーナスは期待しない方が良いでしょう。これから転職を考えているという方も、このように入社してすぐはボーナスがもらえないところが圧倒的に多いということを理解すべきです。しかし、会社次第では、入社1ヶ月でも支給対象になる場合もありますので、転職の際は確認できると良いですね。また、6カ月以上働くと、ボーナス支給の対象になる可能性は高くなりますので、期待をするならその後にしましょう。

関連コラム