2016年11月25日(金) 更新

休職中に健康診断がある際の対応と復職する時の注意点

休職中に会社で行われる年1回の健康診断が行われる場合

年に1回行われる健康診断ですが、その期間休職中という事もあります。体調が優れない中行くもの気が引けてしまいますし、休職中という事で健康診断の時だけ顔を合わせるのは気まずい雰囲気になってしまう事もあるのです。そういう状況であるので健康診断に行かなくてはいけないか迷ってしまいます。

休職中は健康診断に行く必要はない

健康診断は義務ではあるものの、休職中であれば必ずしも健康診断を受ける必要はないのです。その為に体調が優れない中無理をして受ける事をしなくても良いのです。この場合には仕事をしていないので、賃金も支給されていない為に健康診断も必要がありません。

年1回の健康診断を受けずに休職から復職する場合

年に1回の健康診断を休職が理由で受けない場合、そのまま復帰できるのか否か迷ってしまうものです。健康診断は義務であるのですが、時期でもない為に次の健康診断でも良いものと考えてしまいます。しかしながら健康診断を受けずに休職から復職は出来ない事もあります。

年1回の健康診断を受けていない場合には復職前に行う

休職によって健康診断を受けられなかったものの、復職をする場合には健康診断を受けなくてはいけないのです。その為に年1回の定期的な健康診断は受けなかった場合には、自分で受けにいく必要が出てきますので、休職が終わった際に受けに行く事が求められます。

休職後に健康診断を受けない状態で復職する場合

休職後に健康診断を受ける義務があるものの、あらゆる事情からそれを無視してそのまま復帰しようと思っている人もいるでしょう。自分では良いと判断をして復職をするのですが、会社側から健康診断を受けるように言われる事もあるのです。

復職後に健康診断を受けないと休職命令が出る事もある

休職後の健康診断を受けずに復職した場合、状況によっては休職命令が出る事もあるので注意が必要になります。これは自分では働ける状態になったからと自己判断から復職をしたものの、会社の人からはそう見えなかったり、業務に支障が出るなどした場合に休職命令が出る可能性があります。その為に休職後にしっかりと健康診断を受けている事が求められます。

休職中の健康診断は状況で変わってくるが復職後に受けなければならない

休職をしていると健康診断を受ける事が出来ない状況になりますが、理由によっては定期の健康診断を受けなくても良い状態の時もあります。しかしながら復職をする際には健康診断を受けた上で復職をする必要が出てきます。また、健康診断を受けたかどうかというのは状況によっては重要で、受けない事によって休職命令などもある為に、しっかりと受けてから復職をしましょう。"

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム