2017年08月10日(木) 更新

休職中の転職活動で内定取り消しされるケースと対処法

休職中に転職活動を行うと内定取り消しに?

休職中に転職活動をするとなると気になってくるのが転職先に休職中であると言うべきかどうかです。本当のことを言ってしまうと採用されることは難しくなってしまうのは確かであり、多くの人が現職で転職活動をしていると休職のことを隠したまま転職をする人が多いのです。ココで問題になってくるのが内定をもらった際です。

内定取り消しの可能性もゼロではない

もしも内定をもらった後にこういった事実がバレた場合には法的には問題はないですが、内定取り消しもありえます。事実と異る主張をする人は信用出来ないというのがこういった場合の企業の本音でしょう。内定取り消しに至らないケースもありますが、こういった判断は会社によって違ってきます。一度転職先の内部規定や内職取り消しの条件を確認しておきましょう。

休職中であることが内定後にバレたら…

休職中に転職活動をしていたことがバレて内定取り消しされる理由には幾つかありますが、その一つが給料関係です。休職中だと当然給料は出ませんから、入社は出来てもその後の年金関係の手続きでバレてしまうことがあります。また源泉徴収票の提出を義務付ける会社もありますから、こういった点は入社する前に調べておいて対策するのが懸命でしょう。

休職中であることを内定前に正直に報告する

いつかばれることを気にするよりも上司や担当者に正直に報告するのも良いでしょう。「休職期間が短かったため記載しませんでした」といったように一言言っておくだけで保険になります。入社した後であれば内定取り消しも出来ませんし、こういったことを気にするのは人事くらいですので余り問題にはならないでしょう。

本来、休職とは仕事に復帰するための期間

休職は言うまでもなく次の仕事に備えるための休養期間です。しかし、休職中に転職活動をするともし失敗しても元の職場に戻れるという安心感からついやってしまうという人が多いのが実際です。こういった本来すべきでない転職活動が会社にバレてしまった際はどうなるのでしょうか。

休職中の転職活動は場合によって懲戒解雇も

休職中の転職活動は法的に問題はないとしても、会社の規定などにより懲戒解雇などの措置が取られる場合があります。そもそも転職活動がバレるということ事態が少ないのですが、こういった形での懲戒解雇は大変後始末の悪いものになります。同じ業界だと悪い噂が広まったり、懲戒解雇後の失業手当等の手当を受ける際も面倒が多いのです。

休職中の転職活動がバレると内定取り消しされるケースも!あらかじめ伝えておこう

休職中に転職活動をして内定をもらった場合には、内定取り消しの可能性もゼロでは有りません。また、休職がバレるのは給料関係が多く、バレルまえに報告するというのもよいでしょう。

休職中に転職活動をしていることが会社にバレると懲戒解雇もありえますから、こういったことを十分認識しておかないといけません。今回紹介した、休職中の転職活動で内定取り消しされるケースと対処法を参考にしてみてください。

転職を成功させたい人必見!

関連コラム