2016年11月25日(金) 更新

復職時に会社に持っていくお菓子の選び方とその予算

復職時に会社に持っていくお菓子のポイント①お菓子の選び方

好き嫌いが把握できていない場合は、復職の際に持っていくお菓子は、当たり触りのないチョコレートやビスケットなどがお勧めです。個包装だと更に良いです。複数の味のお菓子の詰め合わせを購入しておいて、それぞれに配るのが一番無難といっていいでしょう。

お菓子はあくまでもおまけ

復職の際に持っていくお菓子は、挨拶をする際のおまけです。あくまでも、復職の挨拶がメインとなるので、内容に拘る必要はありません。しかし、口下手で上手く誠意が伝わるかどうかが心配な場合には、その分、どんなお菓子を持っていいか考えてお菓子を決めましょう。そういった部分からも誠意を感じてもらうことが可能です。

復職時に会社に持っていくお菓子のポイント②お菓子の予算の決め方

復職の際に持っていくお菓子の予算は、人数にもよりますが、10人くらいでしたら合計1000円程度でも構いません。あまり冒険はしない方がいいでしょう。ロールケーキは人数が増えれば個包装のものより安く済みますが、切らなければならないなど手間がかかるので、個包装を選ぶのがポイントです。

人数によりお菓子の形式をかえる

会社の社員の人数が少ないのであれば、できれば全員に個別に渡すと良いです。その際には、500円程度のちょっとした物をあげるのが良いです。個別に配布している時点で、誠意を持ってお菓子を渡していることになるので、その内容を気にしすぎる必要はありません。

復職時に会社に持っていくお菓子のポイント③個別で渡す

休職期間中に、連絡を取り合って励ましてくれた上司や同僚など、特にお世話になった人に対しては、個別でお菓子を渡しましょう。予算はあまり高くなり過ぎない程度で、相手が貰って気を使い過ぎない程度の値段に留めておくことが大切です。

こっそり渡す必要はない

これは、特別扱いするのが目的ではなく個別に挨拶することで、その人とコミュニケーションをとることが目的です。個別でお世話になったことに対するお礼を述べると共にその人からアドバイスや励ましの言葉を頂くことができます。そういった意味でお菓子をこそこそ渡す必要はありません。

復職時のお菓子一つで会社での印象は変わる 

あまりにも復職の挨拶の時に持っていくのに相応しくないお菓子を持っていけば、常識がないと思われてしまいます。お菓子一つでも印象は変わるので、できるだけ慎重に選びましょう。当たり触りのないお菓子を選ぶことはもちろんのこと、予算は場合によって変えて、相手に気を使わせないことが大切です。また、別に個別に特別なお菓子を渡す際には、渡し方に注意しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム