事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2018年10月19日(金) 更新

高卒初任給の平均額と地域ごとの格差

高卒の初任給は例年「14~16万円」程度が平均額

地方や都心部、大企業や中小企業を全て含めた場合の高卒の初任給の平均は、14万円~16万円程度です。あくまでも平均ですから、給料がこの金額より高い企業も安い企業もありますね。場合によっては14万円にまで落ち込む地域や企業も存在し、一人暮らしをするのに精一杯になってしまうことがあります。
また、年度によって差はありますが、全国的な平均初任給がこの金額を上回ったり下回ったりするケースはほとんどありえないようです。

「入社前のある程度の貯蓄」or「入社後の節約」が欠かせない

高卒で入社するのであれば、初任給が安いかもしれないという覚悟を持っておきましょう。
賃貸物件は、給料の1/3~1/4に抑えることで、家計に負担を及ぼしにくくなります。ところが、初任給が14万円で、手取り12万だったとすると、3万~3万6,000円の賃貸物件に住まなければなりません。
事前にある程度貯蓄をしておいて、昇給まで持ちこたえましょう。あるいは、入社後に節約をしなければならない人も多いでしょう。いずれにしても、初任給で豪遊するなんてことはなかなか叶いません。

高卒の初任給が低いと感じたら転職のサインかも

高卒の初任給は低いと感じたことはありませんか?周りの人と同じ仕事をしているのに、高卒というだけで初任給を下げられると不満を感じてしまいますよね。そう感じ始めたら、転職を考えてみてはいかがでしょうか?

社会人経験の少ない高卒の転職活動をしっかりサポートし、手取り額がアップする企業と結び付けてくれるのが、「リクルートエージェント」です。転職業界No.1の求人数と実績を誇るエージェントが、あなたの転職活動をトータルでサポートしてくれますよ!

高卒の初任給は地方と都心部で2~4万円の格差がある

地方と都心部では、高卒の初任給の平均額は異なります。平均額は、2~4万円程の格差が生じやすいです。
都心部は物価が高いこともあり、16万円~18万円程度と給与水準は高めです。それに対して地方は、初任給が14万円程度の場合もあり、それだけ物価が低い為に、困る訳ではありませんが、生涯賃金に大きな差が生じる場合が多いようです。

しかし都心部では高卒採用が少ないという現状もある

一概にはいえませんが、高卒の初任給が安くなるのは都心部にオフィスや本社を構える企業は、高卒で募集しない場合が多いです。しているとすれば、同じ都道府県でも郊外にオフィスや会社を構えているので、結果的に初任給が低くなります。ただし、運送や土方など学歴不問で採用している会社は除きます。

高卒が給料の低さをカバーするには?

初任給が低めに設定されている高卒採用。どのような対策を取れば、収入の低さをカバーできるのでしょうか?格差を完全に埋めるのは難しいですが、もっておくべき心構えや、給料の安さをカバーできる可能性を確認しましょう。

可能性①:給料の低さはインセンティブ制度でカバー

高卒の初任給の平均は16万円程度ですが、インセンティブ制度を導入している会社では、業績によっては大卒の社員よりも高い給与を支給してもらえます。初任給が低くても、そういった会社を選ぶことで、初任給の低さをカバーできます。

可能性②:早く働き始めるので実績で差をつけよう

大卒よりも高卒の方が給与平均は低いですが、これは年功序列によるものとも言えます。高卒であれば18歳から働くことになりますが、大卒であれば22歳~23歳からが一般的となります。5年間も差が生じているので、高卒であっても23歳まで仕事を続ければ、大卒の社員の初任給と同じ程度までは昇給してもらえる見込みがあります。

学歴は、採用の判断基準の一つですが、全国的に高卒の初任給の平均が低くても、年齢を重ねると共に実績を挙げることで、同じ程度もしくはそれ以上の給与を支給してもらうことも可能です。

可能性③:転職をして手取り額をアップ

高卒は大卒などと比べると、一般的に初任給などは低くなります。しかし、企業によっては高卒であっても大卒並み、またはそれ以上の給料を支払うところもあります。手取り額をアップしたいのであれば、そういった企業への転職を考えてみるのもありかもしれません。

ですが、高卒で転職するなんて不安でいっぱいですよね。そんな時は、不安を解消して転職成功に導いてくれる、転職エージェント「doda」を利用してみてください!dodaの合格診断サービスで、今の自分の実力を測り、そこでいい結果が出れば給料がアップする企業に合格できるかもしれません。もちろん、転職エージェントの利用は無料ですので、まずは気軽に診断してみてください。

高卒の平均初任給は14万円~16万円!さらに低い地域もあるので働き方を工夫しよう

高卒初任給の平均額と地域ごとの格差についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
高卒の初任給の平均額は、大卒と比べると同じ社会人一年目としては、非常に低い給与水準となります。それに落ち込まずに、大卒の年齢になる頃には社会人経験を重ねられて、実力を付けられるとポジティブに考えることが大切です。
入社してからの行動が大切になるので、高卒の初任給の平均が低くても、給料を上げる、あるいは給料の低さをカバーする事は可能なので、働き方を工夫してみてください。

それでも手っ取り早く給料を上げたい場合は、転職エージェントから無料でサポートを受けて、給与の高い企業に転職をしましょう!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム