2016年11月29日(火) 更新

配属や異動を履歴書に記載するときの書き方ポイント3つ

配属や異動についての書き方ポイント①:履歴書には詳細な情報を記載

履歴書には今まで働いてきた会社名だけではなく、社内での異動や配属先、転勤についても詳細に記入することが大切です。
経験が豊富であればいいという訳ではなく、どれだけそれぞれの配属先で成果を挙げてきたかが重要です。わかりやすく情報を記入しておいて、それを見て興味を持って質問してもらえるようにしましょう。

異動や転勤があった場合にはその年月も記載する

履歴書には、入社年月を記載しなければなりませんが、異動や転勤があった場合にはその年月も記載しましょう。
たとえば5年間も一つの部署に配属していれば、専門的なスキルを身につけられていると言えるので、その場合にはそれだけ長く配属していたことを伝える為に、年月を記入することが大切です。

配属や異動についての書き方ポイント②:無駄な情報は省く

重要なのは、配属先や異動に関することなので、配属先の中でのチーム変更などまで記入する必要はありません。
他の重要な部分に注目してもらう為にも、無駄な情報は省かなくてはなりません。履歴書の見やすさにも関わることなので、配属先とその中でチームリーダーになったこと程度までの記入に留めましょう。

情報量が多い場合は、取捨選択した書き方を

頻繁に異動をしている場合には、全てを記入せずに長く勤務した配属先についてだけ記載するのがおすすめです。
頻繁に異動をしているということは、様々な部署をたらい回しにされているとも解釈できます。短期間しか配属されていない部署に関しては記入する必要はないので、配属が長い場合にのみ記入すると共に、その配属先の中での役職も詳細に記入しましょう。

配属や異動についての書き方ポイント③:改行や行間調整で見やすくする

履歴書の内容が全てではなく、その内容を元にして面接で質問されるので、予め履歴書の内容からされる質問を想定して、しっかりアピールできるように練習しておくことが大切です。
履歴書の内容は、見やすくする為に行間調整や改行を心がけて、見落とされたり、重要な箇所が目立っていない為に質問をされないことにならないように注意しましょう。

履歴書が見やすければ面接での話も進みやすい

履歴書が多少見づらかったとしても、しっかりと質問に答えて自分を売り込むことができれば、内定をもらうことも可能です。とはいえ、採用担当者にとって履歴書が見づらい場合は、書類選考で弾かれる可能性も高いです。
履歴書を見やすくすれば、当然好印象になります。そして、面接での話もどんどん進むので結果的に有利になります。時間をかけて慎重に作成しましょう。

前職での配属や異動について履歴書に記入する場合は3つのポイントに注意した書き方を

配属や異動を履歴書に記載するときの書き方ポイント3つをご紹介しましたが、いかがでしたか?
履歴書の内容では合否は決定しませんが、面接では臨機応変な対応と解答を求められるので、履歴書の内容を充実させて、少しでも好印象を得ることが大切です。
配属先と異動、そして転勤については、詳細に記入するだけではなく、見やすくする為に無駄な情報は省いて、完璧な履歴書に仕上げましょう。事前準備をどれだけ行ったかが内定をもらう為の鍵になります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム