2017年01月16日(月) 更新

仕事での転勤でストレスが溜まる原因と対処法

転勤によるストレス原因①:コミュニケーションが取りづらい

仕事での転勤を伴う人事異動は断ることはできないので、自分から進んで転勤をして環境にいち早く慣れることが大切です。転勤先では、今までとは違う人と一緒に仕事をすることになるので、コミュニケーションが取りづらく、それをストレスに感じる場合があります。

仕事以外のプライベートでも仲良くなろう

性格や行動パターンがわからない人物と、転勤先で一緒に仕事をすることになれば、上手くコミュニケーションが取れない為に仕事が上手くいかず、ストレスが溜まってしまいますが、自ら行動して状況を変えましょう。歓迎会を開いてもらえるのであれば、お酒の席で仲良くなって、少しでも早く職場の雰囲気に慣れて、コミュニケーションを取れるようになることが大切です。

転勤によるストレス原因②:仕事の要領が掴めない

今まで行ってきた仕事と内容が同じであっても、支店や支社によって仕事のやり方が違う為に、転勤して間もない頃は、仕事の要領が中々掴めずにストレスが溜まってしまう場合があります。仕事の要領が掴めないことで、自分のパフォーマンスを発揮できなくなるので、いち早く要領を掴むことが大切です。

仕事については遠慮せずに尋ねよう

仕事の要領がわからない場合は、遠慮せずに上司や同僚に尋ねることが大切です。仕事で業務内容が変わっていない場合には、初歩的なことを尋ねることで不信感を抱かれる可能性がありますが、「前の職場と仕事の進め方が違うので、要領が中々掴めなくて・・・」という風に前置きをすることで、快く教えてもらえます。

転勤によるストレス原因③:友人と会えなくなる

転勤することによって、今まで休日に会っていた友人と会えなくなります。今まで普通のことだと思っていたことができなくなる為に、ストレスが余計に溜まってしまいます。転勤後の休日は一人で、自宅でゆっくりする以外にすることが無く、仕事で溜まったストレスを解消できない場合もあります。

転勤先で社会人サークルなどに参加して新しい友人を作ろう

仕事での転勤である以上は、友人と会えなくなることは仕方がないことなので、これからの自分の為に新しい友人を作ることを考えましょう。社会人サークルに参加したり、職場の飲み会に参加して、プライベートでも会える友人を作るなど、自らの意思で自分の環境を変えることが大切です。

仕事でもプライベートでも積極的に動いて転勤先に適応してストレス発散しよう

仕事で転勤をすることが避けられない以上は、転勤先の環境に早急に適応するしかありません。状況適応力を身に付けることができれば、それが仕事においても良い結果をもたらします。転勤によってストレスを感じることは多いですが、一つずつ原因を把握して、正しく対処をして、少しでも早く仕事で充分なパフォーマンスを発揮できるようになりましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム