事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2016年11月29日(火) 更新

営業から事務への難しい転職を成功させる方法

営業から未経験の事務へ転職は可能か?

営業から事務への転職を志望する人は多いですが、これは可能なのでしょうか?
そもそも転職市場において、「事務の正社員」は狭き門です。事務職の求人には「未経験OK」と記載されていても、実際は経験者の方が採用されやすいのです。未経験で事務に転職するのは簡単なことではなく、営業から未経験の事務に転職する場合も例外ではありません。

営業から事務への転職は難しい!きちんと計画と対策を立てることが重要

事務への転職希望者はとても多い。営業から未経験の事務に転職を希望する方もいますし、事務から事務への転職を希望する方もいます。営業として働き、事務系の仕事が未経験の場合、営業から事務への転職は難しいのが現状です。
また事務職は、社員ではなくてもパートや派遣社員で対応ができる仕事が多く、正社員で事務を採用しない会社もあります。営業に比べて事務は給料も低いの会社が多いのに、事務が担当する仕事の質も量も増加しつつあります。

営業から未経験の事務への転職を希望している場合は、転職準備に入る前にきちんと転職の計画と対策を立てましょう。事務の求人数が増える時期を狙って転職スケジュールを立てることで、事務職への道が開けます。

営業から未経験の事務に転職した人は綿密な計画と対策を立てていた

事務未経験でも、営業から事務への転職を成功させた人はもちろんいます。
そういった人たちは、綿密な計画と対策を立ててから転職活動を行っています。営業から未経験の事務に転職したいなら、転職計画と対策を立てましょう。

未経験で営業から事務に転職するなら半年間の時間をとる

転職は、思い立っていきなりやってもうまくいくわけではありません。
急いで転職しようとすると、失敗する可能性が高まります。営業から未経験の事務に転職したいのであれば、半年以上かけてじっくり転職の準備をしましょう。

具体的にどのような仕事をする事務に転職したいか考える

営業と同じように事務職にも色々な種類があります。自分がやりたい事務職の仕事内容について調べ、よく考えましょう。
一般的に良く知られている事務だけでもこれだけの種類があります。

■予約受付…来客対応、スケジュールチェック、雑務など
■一般事務…資料作成、データ入力、伝票処理、電話応対など
■営業事務…在庫管理、納期管理、受発注業務、売上業務、回収業務など
■庶務………伝票処理、出張清算、データ入力、ファイリング、電話応対など
■経理事務…原価計算、勘定振分業務…その他。簿記資格者優遇など
■貿易事務…英文での船積書類作成、船積手配、船積通知、英語での納期回答などなど
■医療事務…受付、会計、カルテ管理、診療報酬請求業務など

一言で「事務」と言っても企業によって業務内容が異なったり、小さな会社の事務であればさまざまな仕事を兼務する場合も多いです。転職したい企業が定まっているのであれば、募集している事務の業務内容は細かく確認しましょう。

情報収集の後は+αの対策を!事務へ転職するために必要な資格やスキルを取得する

資格がなければ事務に転職できないというわけではありません。しかし、事務関連の資格があると、資格を持っている人を募集している会社もありますので、転職は有利になります。資格でなくても事務職に活かせるスキルがあるといいですね。
営業から未経験の事務への転職を成功させたいなら、事務関連の資格やスキルの取得をおすすめします。

事務に転職するならハイレベルなパソコンスキルが必ず求められる

営業職だとしても、現在は基本的なパソコンスキルは必須です。事務は基本的にパソコンでの仕事が中心になるので、営業以上のハイレベルなパソコンスキルが求められます。
事務の業務においては、オフィス系のソフトを主に使用します。ですから、MOS(マイクロソフト オフィスス ペシャリスト)のスキルは必ずなければなりません。Word、Excel、PowerPointに加えて、現在ではAccessも必須となってきています。

事務として一生働くなら特定の業界で重宝される資格取得も◎

将来を見据えて一生事務で働くつもりであれば、例えば不動産業界に転職するなら、独立も可能な宅建(宅地建物取引主任者)を取ると有利です。特定の業界で重宝される社会保険労務士、税理士などの資格を取得すると、その業界の事務職に転職しやすいはずです。
また、語学力があるのであれば米国公認会計士、米国税理士などもおすすめです。国際化が進んでいくなかで、アメリカの企業と取引のある企業では重宝される資格です。

営業から事務へ転職するなら半年前から準備し資格取得も視野にいれる

今回は、営業から未経験の事務へ転職する時に準備するべきことについてご紹介しました。
事務職は人気がある職業ですから、営業から未経験の事務への転職は簡単ではありません。しかし、実際に営業から事務へ転職した人もいますので、計画と対策としっかり立てて転職活動に励んでください。
事務に転職するにあたり、事務職として働くために足りない資格やスキルなどが何なのか調べて、準備しておくとよいでしょう。厳しい転職活動になるかもしれませんが、めげずに続けていればきっと道は開けますので、準備万端にして挑んでみてください!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム