事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2018年12月13日(木) 更新

前職の源泉徴収票が必要になった場合の意外に簡単な貰い方

前職の源泉徴収票が必要な理由【年末調整で提出する】

何といっても前職の源泉徴収票が必要な一番の理由は、年末調整の時に年間の収入を確認するためです。1年間に納めなければいけない所得税算出の基になるのは、
・年間の課税対象収入
・年間に支払った社会保険料
・年間に支払った所得税の額
です。
上記3つの項目については、1年を通して1つの会社からのみの給与支給で、その会社で年末調整を行うのであれば必要な部分はその会社で把握しています。

【注意】1年以内に転職した場合は源泉徴収票がないと年末調整ができない

しかし、1年のうちに転職で会社が変わった場合、新しい会社では前職以前の情報など持っていません。新しい会社には、あなたがそれまでに何社からどれだけの収入があり、社会保険料を納め所得税を徴収したかの情報がないのです。よって、この状況では年末調整ができなくなります。

経理担当者の迷惑になることも

また源泉徴収票がないと、年末調整をする経理担当者にも迷惑がかかることになります。ただでさえ忙しい中のでの依頼になるので、場合によっては自分で確定申告しなければならなくなってまうことも。源泉徴収が手元にないことを把握したら、周りに迷惑がかからないよう早急に準備しましょう。

源泉徴収票たった1枚で所得税の精算ができる

「所得税算出の基がない=年末調整ができない」ということになります。
しかし、前職の源泉徴収票が入手できればそれ一枚で転職先の会社が年末調整を行う上で必要な情報を得ることができ、前職分の収入と合わせて年末調整で所得税の精算ができます。もちろんその年になんらかの支給を受けた会社が複数ある場合、すべての源泉徴収票が必要になり、一枚でもそろわない場合は、年末調整ができないので注意が必要です。

手間と時間をかけてしっかりと準備をしておこう

年末調整ができないということは、給与では所得税の精算ができないことになるので、自分で必要な書類をすべて集め、申告書を記入し、税務署へ出向いて確定申告をして、前職の源泉徴収票を入手するといった大変な手間が発生します。
転職先には確実に前職の源泉徴収票を提出できるよう、あらかじめ入手しておきましょう。

前職の源泉徴収票の入手方法【電話やWEB上で依頼】

前職の源泉徴収票の入手方法は、意外と簡単である場合が多く、電話で依頼すれば作成して郵送してくれたり、大きな派遣会社であればWEB上で発行してもらえるところもあるようです。たとえ退職時に揉めて気まずい状態だったとしても、給与の支給を受けていたのであれば法律的にその会社には、源泉徴収票を発行する義務があります。もし紛失だったとしても、再発行することはできるので、遠慮なく電話をして入手しましょう。万が一、会社が倒産していて担当者と連絡が取れず、入手が絶望的な場合は、管轄の税務署に相談してみましょう。

源泉徴収票はとても重要な書類です

退職に関する書類の一つとして源泉徴収票は重要です。転職を考えている人は、退職時に発行される雇用保険の離職票等といった書類一式の中に源泉徴収票があるかどうか確認しておいた方がよいでしょう。また、倒産による解雇の場合は、そうなることがあらかじめ分かっている場合は、事前に担当者に申し出て、確実に源泉徴収票を入手できるように依頼しておくとよいでしょう。

給与明細では代用不可能

そうまでして入手しなくても、「収入や社会保険料の額なんて手元に残っている給与明細で代用はできるだろう」と考えている人は少なくないと思います。しかし、年末調整の場合、それ以外の書類(給与明細や離職票)で代用することはできません。源泉徴収票が持つ一番の意味は、「年間の収入や控除の情報が一枚に記載されている」ということです。確かに給与明細や雇用保険受給時に使用する離職票にも、給与の金額が記載されています。しかし給与明細は、給与支給に関してのみの情報であり、別口で現物支給等、給与以外の課税収入があった場合、その部分は記載されていない場合が多いため、源泉徴収票の代用書類として年末調整を行うことはできません。

離職票も代用不可能

離職票については、課税・非課税に関係なく、ごく一部の期間における雇用保険対象の給与額しか記載されていないうえに、社会保険料や所得税の金額の情報が一切ないので、これも代用書類にはなりません。

前職の源泉徴収票は年末調整時に必要で前の会社に電話やWEBで依頼して入手する

いかがでしたでしょうか。ここでは年末調整という観点から前職の源泉徴収票の必要性と入手方法をご紹介しました。一口に収入といっても給与支給だけを指すわけではなく、給与明細には記載されない賞与や現物支給、報奨金なども含まれ、そういった年間情報を1枚に集約したものが源泉徴収票で、大変重要なものです。もし提出を求められた時のために、前職から発行された源泉徴収票は大切に保管しておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム